30代が月2万円積立で2000万円を目指せる安全な資産運用術

資産を増やす3大原則~お金を稼ぐ編~

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

どうも天村です!

今回は、資産を増やす3大原則~お金を稼ぐ編~についてお話します。

 

資産を増やすための3大原則を紹介していくシリーズになっていて、前回の記事「資産を増やす3大原則~入門編~」では、入門編として3大原則の骨子を説明しました。

  1. お金を稼ぐ
  2. 稼いだお金を守る
  3. 守ったお金を運用で増やす

このシンプルな3大原則をサイクルとして、いかにグルグルと効率よく回していくことができるかによって、資産は大きくなっていきます。

 

そしてそのスタート地点になるのが『お金を稼ぐ』という部分です。

 

無から有を生み出す、0から1を生み出す作業になりますので、まずはスタート地点をしっかりと整えていきましょう。

その上で大事になってくる考え方や方法などを紹介していきます。

 

これを見ていただければ、「お金を稼ぐ」ために何をすればいいかわかります。

 

キャッシュフロークワドラントを理解する

『お金を稼ぐ』という項目を深く理解していく上で、覚えておきたい大切な概念があります。

 

ビジネス界のベストセラーであるロバートキヨサキ著『金持ち父さん貧乏父さん』の中でも出てくるキャッシュフロークワドラント「E・S・B・I」で、これは理解しておいたほうがいい概念です。

 

 

この図の左側が「労働収入型」で、右側は「権利収入型」になります。

 

「E」「S」=労働収入型(自ら働く)

「B」「I」=権利収入型(人に働いてもらう)

「B」「I」については、あえて分かりやすく「人に働いてもらう」と定義させていただきます。

 

資産を大きくしていくには労働収入型の仕事だけをしていては、なかなか資産は増えていきません。

 

どうしても稼ぎを出すには自分が働くしか方法がないので、1馬力では財源も単純に「1」しかなくて、当然ですが生きていくためにはその「1」を切り崩して生活費に充てる必要があります。

 

それだといつまで経っても「1」→「0」→「1」→「0」を繰り返すだけになります。

 

そうではなくて、1馬力を2馬力、3馬力と増やしていく右側「B」「I」の働き方にシフトしていく必要があります。

 

ただしいきなり右側に行くのは方法も分からないでしょうし、まったくピンと来ないと思います。

 

ですので、具体的に目指していきやすい方法で、徐々に右側の「権利収入型」の仕事にシフトしていくのが再現性のあるやり方になります。

 

大半の方は会社員である「E(従業員)」に所属していると思いますので、まずは「S(自営業)」を目指しましょう。

 

その上で、目指していい「S」と、目指すと苦労する「S」がありますので、次はその部分を説明します。

 

まずはオンライン上で「S」を構築

 

これから自営業を目指すうえで、やらないほうがいいのはオフラインの「S」です。

 

たとえば店舗経営をするとか、父親から譲り受けたオフラインの事業をするなどです。

 

僕の親戚や知人にも「オフラインの自営業」をしている人がけっこういるんですが、(なぜかもともとそういう親戚や友達が多い)

全員に共通していることがあります。

 

それは「時間の余裕が一秒もない」ということです。

 

結局は馬車馬のように朝から晩まで、365日、ほぼ休みもなく働いているような印象を受けます。

 

コロナの影響で、今はさらに深刻な顔をしているので、正直いって、見ているだけで僕もつらくなります。

 

それぐらいに「オフラインの自営業」は厳しいです。

 

むしろそれをやるぐらいなら、「E」の従業員に所属しているほうが、100倍ぐらい恵まれています。

 

ですので、目指すべきはオフラインの「S」ではなく、オンラインの「S」を構築していくことです。

 

クラウドソーシングや、ブロガー、アフィリエイター、YouTuberなどは、すべてがこの「オンラインのS」に当たります。

 

オンライン上で開始~完結する仕事であれば、ほとんど大半がここに当たります。

 

ですのでまずはオンラインでお金を稼いだ経験がない人は、まずは「オンラインでお金を稼ぐ」という経験を、何でもいいので体験しましょう。

 

メルカリで不用品を販売するのも、立派な「オンラインでのお金稼ぎ」ですので、それすらやったことがない人は、まずはそれをやります。

 

そこからステップアップしていって、オンラインで稼ぐことをやっていきましょう。

 

結局のところ「お金を稼ぐ」という部分を大きくしていきたいとなったら、「本業の稼ぎを増やす」もしくは「新しい収入の柱を構築する」の2択しかないわけです。

 

で、もう言うまでもないですが、前者は自分がどれだけ頑張っても不可能ですので、必然的に後者「新しい収入の柱を構築する」しか方法は残っていません。

 

だから、「やる」か「やらない」かのシンプルな2択なわけです。

 

旧時代的な仕事・新時代の仕事の選別

オフラインの「S」ではなく、オンラインの「S」で新しい収入の柱を構築していくのが、『お金を稼ぐ』という部分では重要になってきます。

 

そのうえでさらに、「旧時代的な仕事」とこれから求められる「新時代の仕事」というのがあるので、それをしっかりと理解しておかなければ、新しい収入の柱作りにいくら時間とエネルギーをかけても、無駄な労力になってしまいます。

 

新時代に求められる仕事の特徴や、求められるスキルとしては、このようなものがあります。

 

 

情報販売(情報をまとめる力・価値を提供する力)

コミュニティ販売(人と人をつなぐ力・人やコミュニティに貢献する力)

シェアリングエコノミー(ニーズ理解のマーケティング力・柔軟に対応できる機動力)

 

これらの能力が身に付く仕事を副業としてやっていくと、これからの時代が有利に働きます。

 

今の時代でいうと、オウンドメディア構築やYouTubeチャンネルを持つことで、これらの能力は養われていきやすいので、おすすめです。

 

「S」から一気に「I」へ

 

僕は「B」のビジネスオーナーは不要だと思っています。

 

今の時代は、人を雇うというのはリスクが多くなるだけで、自分の首を絞めることになる危険性も含まれているからです。

 

コロナによって従業員を食べさせていかなきゃダメになったオーナーは苦渋の決断を迫られることになりました。

 

従業員をコマのように扱える冷徹な心の持ち主であれば、「バッサリと切り捨てる」ことは可能なのかもしれません。

 

ですが、そんな残酷な人は僕のメディアを見てくれている方の中には、いないと思っています。

 

これまで自分のビジネスのために頑張ってきてくれた従業員を家族にように大切に思う心が、きっと芽生えると思うので、もしもオーナーになってしまったら、苦しい選択を迫られることも想定しておかなければいけません。

 

ハッキリ申し上げて、そこまで背負うのは、もはやリスクでしかない時代です。

 

ですので「まずは自分の資産形成を優先する」と割り切ってしまって、「B」のビジネスオーナーは飛ばして、「I」の投資家を目指していきましょう。

 

その上でもやはり、資産形成の3大原則である『お金を守る』と『お金を増やす』という能力も必要になってきます。

 

ということで、次回は3大原則の中で一番重要な『お金を守る』というお話をしていきたいと思いますので、お楽しみに!

 

ではまた!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© コツコツ投資のコツ , 2020 All Rights Reserved.