30代が月2万円積立で2000万円を目指せる安全な資産運用術

これを知らないと永遠にラットレースから抜け出せない「3つの働き方」

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

 

どうも天村です!

今回は、これを知らないと永遠にラットレースから抜け出せない「3つの働き方」というお話をします。

 

今回は、投資資金の作り方としてビジネスについて、とても大事な概念の部分になります。

 

これを知っているか、知らないかで、今後の差が大きくついてきますし、実践していくことで、将来の資産形成において圧倒的に優位になる考えかたです。

 

ぜひ、今回マスターして、資産形成を加速させていってほしいと思います。

 

3つの働き方

 

働き方には3段階の働き方があります。

 

「ライスワーク」「ライクワーク」「ライフワーク」です。

 

本当はもうひとつ上位の考え方に「ライトワーク(使命)」というのもあるのですが、これは難しい概念なので、今回は割愛します。

 

イメージしてもらいやすいように、図にしました。

 

縦軸が人生の充実度で上にいくほど高くなります。

 

横軸が獲得できるお金の額で、右に行くほど多くなります。

 

ピンクの矢印のような上がり方をしていって、ライスワークが充実度も獲得額も一番少なくて、次にライクワークになると共に上がり、ライフワークはさらにアップするというイメージです。

 

それぞれ詳細を解説していきます。

 

ライスワーク (Rice Work)

ここは、食べるために働くという意味合いが強いので、「ライス(お米)」ワークです。

 

おそらく90%の人が、ここに分類されているかと思います。

 

会社員も公務員も、何だったら社長でさえも、ここに位置している人が多いのではないでしょうか。

 

とにかく生きていくために働いているという状態で、そこに充実感とかはあまりなく、生活のためにいやいや働くという色合いが強いです。

 

獲得したお金は、食べたいものや欲しいもの、やりたいことなどで浪費されていくという「欲望のステージ」なのが、ライスワークの特徴。

 

欲望のままに浪費したお金を補うために、自分がやりたいことではなく、自分がやれることで働く。

 

そして、いやいや働いた結果、ストレスを貯めてしまって、それを発散するためにまた浪費をする。

 

浪費をするから、お金がなくなり、またいやいや働く・・・という負のスパイラルに陥り、なかなかここのステージから抜け出せないというのが悪い特徴になります。

 

人に与えるという感覚は皆無で、とにかく「もらう」という色合いが強く、中には「奪う」という感覚が強い人が多いのも特徴。

 

そして厄介なことに、本人たちにその自覚がない場合がほとんどで、無自覚で「もらう」「奪う」という状態になっていることがほとんどですので、あなたもそうなっていないか確かめてみてください。

 

ライスワーク状態から抜け出すために重要な考え方が「足し算」です。

 

とにかく、今やっている仕事以外で新しいことに挑戦していく必要があります。

 

このステージから抜け出すためには、とにかく新しい行動を積極的にやっていくしか方法はありません。

 

ライクワーク (Like Work)

ここは、好きなことで働くという意味合いが強いので、「ライク(好き)」ワークです。

 

ここのステージに行ける人は一気に少なくなって、8%ぐらいの人しか、ここに分類されることはないという狭き門です。

 

好きなことをやって楽しく働くというステージで、お金のために働くという概念は、この段階で薄れていきます。

 

しかしその一方で、好きなことをやっている割には、獲得できるお金は増えていきます。

 

というのも、ビジネスの原理原則である「価値を提供したり、喜んでもらった対価として、お金を獲得できる」ということを、ナチュラルに実践できていくからです。

 

本人は楽しく働き、それを受け取った顧客も価値を感じてもらえるので、win-winの関係性を築きやすく、その結果として報酬が増えていきます。

 

ただし、これはあくまでも、自分が本当にやりたいことや好きなことが社会のニーズと一致した場合にしか過ぎず、そこがズレてしまうと独りよがりなビジネスになってしまうという側面もあります。

 

とにかく「自分の好き」を優先させるあまり、社会貢献という考え方がまだまだ弱いステージです。

 

人に与えるという感覚と、人からもらうという感覚が、ほぼ同じぐらいの強さという感じです。

 

ライクワーク状態から、さらに大きくステージをアップさせるために重要な考え方となるのが「引き算」です。

 

いろんなことに挑戦した中で、自分が好きなことだけをやっていくのではなく、どれをやれば「多くの人に喜んでもらえるだろうか?」という仕事を選択して、それ以外は切り捨てていくという考え方が大事です。

 

このステージから抜け出すためには、とにかく今やっている中から、多くの人に良い影響を与えることができる行動以外はやめていって、引いていくという方法を取る必要があります。

 

ライフワーク (Life Work)

ここは、人生の充実を求めて働くという意味合いが強いので、「ライフ(人生)」ワークです。

 

ここのステージに到達できる人はかなり少なくて、2%ぐらいになります。

 

とにかく喜んでもらうことを最優先にするので、自分の欲望や自分の好きなことをやって楽しく働くという自我を捨てることができる人達です。

 

当然ですが、「楽しくない・苦しい」と感じる部分もあるのですが、その一方で貢献できている喜びの方がはるかに強いので、ストレスに感じることはほとんどないです。

 

与えるということに喜びを感じているので、もらうことは重視していないのですが、その代わりもらった時には、非常に感謝できる状態になっているのも大きな特徴です。

 

それぐらいに「与える」ことの重要性を理解しているからこそ、いざ受け取った時には、それを感謝できるのだと思います。

 

ここのステージに来ると、影響力も高くなっていて、与えることができる人数も増えていくので、自然と獲得できる金額も増えていきます。

 

また、好きなことをやって働くというライクワークよりも、多くの人に喜んでもらえることで、人生の充実度は高くなっていきます。

 

ちなみに僕は、ようやくこの状態に入れたかなぁという感覚になりつつあります。

 

6年かけて、ようやくという感じですね。

 

まとめ:ライスワークから抜け出そう!

とにかく一番多いライスワークから抜け出すことで、人生も充実していきつつ、獲得できるお金も増えていきます。

 

抜け出す方法はたった1つで、とにかく新しい行動をジャンジャンやっていくということです。

 

行動あるのみ、と色んな所で言われているのは、もう耳にタコができているでしょうが、それは本当にそうです。

 

というか、そう言うしかなくて、なぜそう言うしかないかというと、それがたった1つの答えだからです。

 

足し算でどんどん行動していった先にしか、次のステージに行く方法はないですし、近道も抜け道も、裏道もありません。

 

正々堂々と、正面突破で行動していきましょう!

 

ではまた!

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© コツコツ投資のコツ , 2021 All Rights Reserved.