30代が月2万円積立で2000万円を目指せる安全な資産運用術

【賢い資産運用】30代向け『老後2000万円問題』を乗り切る3つの解決策

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

どうも天村聡生(あまむら そうせい)です。

今回は、30代向けの賢い資産運用で老後2000万円問題を乗り切る3つの解決策というお話をしていきます。

 

老後2,000万円問題というのは本当に僕たち30代に待ち受けている出来事なんでしょうか。

まずはそのリアルな予想をお伝えしてから、じゃあ僕たちがこれから老後を見据えた時に、どんなことをすればいいのかという資産運用をお伝えします。

 

具体的な3つの方法で老後2000万円問題を恐れることなく解決していきましょう。

これを見ていただければ、今日から始めることができる老後資金の作り方がわかります。

 

ちなみに僕、天村は、2019年から脱サラ起業してフリーランスになりました。

YouTube広告、デジタルコンテンツの販売、コミュニティ運営、アフィリエイト、投資による運用益と収入の柱を5つ構築しました。

とくに投資による運用では、少額投資で無理のない範囲でスタートさせていて、少しずつ資産を増やしています。

少額投資がいかに素晴らしくて、賢い選択かというのを詳しく解説した、こちらの記事も、ぜひこのあとにチェックしてみてください。

投資初心者におすすめの少額投資!毎月3000円を積立てて投資信託を始めよう!

 

このブログでは少額投資の始め方やおすすめ銘柄、投資の初心者でもわかりやすい入門編の記事を配信していきます。

僕は少額投資家YouTuberとしてYouTubeでも活動していて、投資をスタートさせて将来のお金に不安を持つ人をなくしたいと思ってます。

 

ということで、まずは老後2000万問題について現実的に起こりうる問題なのかどうかを検証してみましょう。

 

老後2000万問題ってマジ?

そもそも老後2000万円問題ということをなぜ言われるようになったのかというと、2019年6月3日に発表された金融庁の報告書での試算が発端になっています。

それは、夫婦の老後資産として「30年間で約2000万円が必要」という試算でした。

 

この発表に対して麻生財務大臣が、「赤字になるんじゃないか」という発言をして、さらに問題が大きくクローズアップされた形になりました。

 

そうやって注目されるようになった「2000万問題」なんですけど、あれはリアルに起こりえる問題だと考えたほうが良さそうです。

 

というのも、人生100年時代と言われる中で、会社員の退職はいまだに60歳のところが基本で、長くても65歳までです。

仮に65歳まで働けたとしても、その後の人生が100歳まで続くとしたら35年ということになります。

 

で、毎月の年金の平均収入というのがデータでしっかりと出てまして、国民年金が約5万円、厚生年金が約14万円で合計で1ヶ月19万円になります。

 

もしも定年退職してから、セカンドキャリアとしてお勤めしていないと仮定したら、これが退職世代の収入ということになります。

 

じゃあそれに対して支出はどれぐらいになるのか。

じつはこちらも統計データが出てます。

 

総務省統計局のデータによると、退職世代の平均支出は毎月で約25万円となっています。

 

つまり「年金収入19万」-「支出25万」なので毎月6万円の赤字になります。

 

ですので、これが1年だと72万円ということになります。

そして人生100歳までと考えると、ここに35年をかけることになるので、合計金額が2,520万円ということになります。

 

シミュレーションしてみると、「2000万問題」どころか2,500万円が必要になるという結果になってしまいました。

 

「いやいや、さすがに100歳までは長いでしょ!?」と感じるかもしれませんので、もう少し短くして考えてみましょう。

 

もしも30年と想定したら、必要な金額を計算すると2,160万円になります。

 

では、もっと短くして20年と想定したら1,440万円ということになります。

 

これはもちろん60歳、ないしは65歳以降にまったく働かない場合を想定したシミュレーションですので、退職してからもバリバリ働いて稼ぐという人には当てはまらないシミュレーションです。

なんですが、退職してからは体力もどんどん落ちていきますし、退職前と同じぐらいの金額を毎月稼いでいくのは現実的に考えにくいでしょう。

 

今お務めになっている会社で確実に100%退職金がもらえて、それで2,000万円以上のお金が見込めるというのなら何も問題はありません。

なんですけど、僕たち30代はこれから20年とか30年先のことなので、「100%大丈夫」というふうに言い切れないんじゃないかと思います。

 

では、仮にこれを毎月の貯金だけで貯めようとした場合、毎月どれぐらいの金額を何年間続ける必要があるのか、それを次にシミュレーションしてみましょう。

 

2000万を貯蓄する場合

60歳になった段階で、2,000万円の貯金が貯まったということをゴールにして、シミュレーションしていきます。

ゴール=貯蓄2,000万円/60歳

これは30代向けに作っているんですが、一応それぞれの年代でシミュレーションしてみましょう。

 

まずはメインの30代です。

30歳の人だと毎月5万5,556円を30年間貯蓄していけば2,000万円になります。

毎月5万円というのは、かなりの高額ですよね。

 

これが40歳の人になれば毎月8万3,334円に増えます。

当然60歳まで20年しかないので、毎月貯蓄にまわす金額は増えます。

 

じゃあ50歳の人だとどうなのかというと、毎月16万6,666円という計算になります。

 

ボーナスについては計算に入れていないので、ボーナスを貯蓄に回せばもう少し毎月の金額を少なくすることはできますが、高額であることに変わりはありません。

 

じゃあ若ければ若いほどいいんだな!と思ったかもしれませんが、仮にこれが20歳の人でも絶望的な数字になってしまいます。

ジャスト20歳という人の場合でも、毎月4万1,667円になります。

これを40年間、毎月欠かすことなく続けて、ようやく2,000万円という金額になります。

 

もうこれ以上の説明は不要だと思います。

 

いかに貯金だけで2,000万円を貯めるのが難しいか、わかっていただけたと思います。

 

「いやいや待ってくれよ!銀行の金利が加味されてないじゃないか?」というツッコミが入るかもしれませんが、たしかに銀行の金利を考えると、ほんの少しだけ毎月の貯蓄額はかわってきます。

ですが、銀行の金利は超低金利時代というほどなので、利息で増えていくと考えるのはやめたほうがいいです。

 

都銀3社の普通預金の金利で0.001%なので、100万円を1年間預けても利息はたった10円です。

これが定期預金になったとしても、金利は0.002%なので、20円になるだけです。

 

定期預金で一番金利が高い新生銀行で、5年もので0.35%なので、100万円が1年で3,500円、5年間トータルでも17,500円にしかなりません。

1週間アルバイトをすれば余裕で稼げる金額ですね。

 

ですので、純粋に貯蓄をしていくだけでは厳しいのが、わかっていただけたんじゃないかと思います。

 

では30代の僕たちは黙って定年後も体をボロボロにしながら、お金のために働き続けなきゃダメなんでしょうか?

僕はそうなりたくありませんし、身近な友達にそうなってほしくありません。

 

「じゃあ年金があるじゃないか?」と、もしも本気で思っているのであれば、もう少しお金の勉強をしたほうがいいです。

説明するまでもなく年金に頼れる老後は僕たち30代に迎えることはできません。

 

そこで資産運用を中心にした解決策を3つお伝えしたいと思います。

 

2,000万問題の解決策3つ

では、3つの解決策をお伝えします。

これはすごくシンプルな考え方です。

 

ただしシンプルだからこそ奥が深くて、一筋縄ではいかないというふうに言い換えることもできます。

資産形成をするうえで大事な3つの解決策はこれです。

 

1.お金を稼ぐ
2.お金を守る
3.お金を増やす

この3つの力を最大限にしていけば資産は増えます。

言葉にするとものすごくシンプルですが、これを実行するのはなかなか大変です。

 

1.お金を稼ぐ

まず1つ目の「お金を稼ぐ」

今の本業の稼ぎよりもより大きな金額を稼げないか、まずはそこを考えましょう。

 

具体的には転職です。

転職をするうえで大事な考え方が1つあって、それは今の業界よりも年収が高い業界に鞍替えするという考え方です。

 

会社四季報の業界地図2021という書籍の中で、業界別平均年収ランキングというのが掲載されています。

 

その中で1位の業界はコンサルティングで年収は約1,300万円、そして一番低いのは介護で400万という結果が出ています。

3倍以上も差があるので、いかに業界が大切かというのは、転職する上で覚えておきたい考え方です。

 

転職する以外にも「お金を稼ぐ」方法はもちろん、あります。

副業するなど、新しい収入源を作るということです。

 

僕はこれまでにもよく新しい収入の柱を作りましょうと言ってきました。

僕自身も収入の柱を5つ作って、今はそれを少しずつ、1本ずつ大きくしていってます。

 

本業の稼ぎしかないという人は、まずは2本目を作る作業を始めてみてください。

 

やり方はたくさんありますが、1つだけおすすめするとしたら、時間労働以外の働き方をするべきです。

 

ネットビジネスであれば、時間労働以外の働き方が多いので、じっくりと調べてみて、実践していってほしいと思います。

 

これが1つ目の「お金を稼ぐ」ということなんですが、ここで多くの人が勘違いしていることが1つあります。

 

それはお金を稼ぐだけで資産形成できるということです。

 

残念ながら、お金を稼ぐだけでは不十分です。

稼いだお金はしっかりと守っていかなければダメです。

 

2.お金を守る

よくたとえで出てくるんですが、穴のあいたバケツに水をいくら注いでも貯まっていかないのと同じです。

 

お金を稼ぐという水を注ぐことだけに意識が向いてしまって、稼いだお金を散財してしまったり、節税することなく税金で取られてしまっては資産形成はできません。

 

バケツに空いた穴をふさぐ、つまりそうやって「お金を守る」ということをやっていきましょう。

 

具体的な行動としては、まずは自分の収入と支出が年間でどれだけあるのかを目で見えるようにしてください。

エクセルを使って抜き出していくのもいいですし、家計簿アプリを使ってもいいです。

とにかく視覚化することが大事です。

 

おそらく30代男性の95%ぐらいが、家計簿なんてつけていないと思います。

僕もかつてはそうでした。

なんだったら給料明細を開けることなく妻に渡していた時期もあるぐらいでした(笑)

 

そんな感じで、お金に無頓着で奥さんに任せっぱなしという方は多いんじゃないでしょうか。

ですのでまずは家計を知ってください。

 

もしも奥さんが家計簿をつけてくれているのであれば、それを見せてもらうように頼んでみてください。

 

「これからは真剣に自分たちのお金を見直していくべきだと思うんだ」

なんてことを言ったら、確実に奥さんはあなたのことを見直してくれます。

夫婦関係も良くなると思いますので、ぜひ年間収支を視覚化するということを実践してみてください。

 

そしてそれをすることで、「思いのほか外食にお金を使っている」とか、「携帯料金がやたら高い」とか、「水道光熱費を何とか下げれないだろうか」ということが見えてきます。

 

さらには保険の見直しも大事ですし、節税できる部分はないかというのを見ていくのも大事です。

 

そうやって「お金を守る」という初歩のことをやっていきましょう。

そんな初歩のことすらできない人が、いくら副業でお金を稼いでも資産が貯まるはずもないです。

 

お金を守るというのは、本当に大事なことですが、多くの人が見落としガチな部分です。

今日からスグにできることですので、実行に移していただければと思います。

 

ではそうやって稼いだお金をしっかりと守ったうえで、最後の3つ目「お金を増やす」ということをやっていきましょう。

 

3.お金を増やす

お金を増やすには先ほど言ったように銀行預金をしていても、何も変わりません。

ここに関しては投資するしかないです。

 

「お金に働いてもらってお金を増やす」という表現がよく使われるのですが、まさにソレが理想的です。

 

ただし投資と一言でいっても、様々な投資があります。

株式投資、不動産、FX、投資信託、仮想通貨などのメジャーな投資から、ループイフダンやソーシャルレンディングなどのマイナーな投資など、たくさんの投資があります。

 

そんな中から、初心者のかたにおすすめなのが少額投資です。

少額投資というのは少ない金額から投資を始めていって、まずは投資すること自体に慣れてから経験値をつんでいくやり方です。

もちろん少額なので稼げる金額も少ないです。

 

ただしそのぶん、失敗するリスクも少ないので、まずはそこで投資のスキルと経験値をつんでいくんです。

ドラクエなどのRPGでいうレベル上げをしていく感じです。

まずはスライムを倒していって、そして徐々に強い敵を倒していくようなイメージですね。

 

じゃあ、そのスライムは投資でいうと具体的に何なのかというと、「投資信託」です。

初心者の方が一番安全に投資をスタートさせるには、少額投資で投資信託をスタートさせるという方法です。

まずは少額投資、まずは投資信託。

そしてそれで経験を積んでなれていってから、次に株式投資や不動産、FXなどの投資を調べてみて、興味があるものを実践してみる。

 

そうやって、少しずつコツコツ資産を増やしていきましょう。

間違っても焦って一気に資産を増やそうとしてはダメです。

 

ドラクエでいきなりレベルも装備も弱いのに、強敵がいるエリアに行くのと同じで、確実に損しますので、あせらずゆっくりと資産形成していきましょう。

 

まずは1つ目でお金を稼ぎ、そして2つ目で稼いだお金を守り、そして最後3つ目で、守ったお金を増やしていく。

このシンプルな3つのやり方こそが、資産形成をする上で何よりも大事な方法です。

 

これをやっていけば「老後2,000万問題」なんて怖くないです。

今回のことが参考になれば幸いです。

 

ではまた!

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© コツコツ投資のコツ , 2020 All Rights Reserved.