30代が月2万円積立で2000万円を目指せる安全な資産運用術

少額投資を30代から始めて65歳で2000万円を目指す資産形成の方法10選

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

 

どうも天村です!

今回は、少額投資を30代から始めて65歳で2000万円を目指す資産形成の方法10選というお話をします。

 

このブログのメインコンセプトなのが、老後2000万問題を投資などの資産運用で対処していこうというものがあります。

 

毎日記事を書いていると、様々な話題をリリースしていくことになるのですが、定期的に原点に立ち返っていこうと思いますので、今日はそのお話。

 

30代からスタートして、65歳の定年までに2000万円を貯めるためのシミュレーションをしていきましょう。

 

わかりやすく、30代すべての年齢(10歳分=10選)からスタートした場合の年齢別シミュレーションをしていきます。

 

さすがに全年齢シミュレーションをすると大変なので、30代以外の年代の方は、自分でシミュレーションしてみてください。

 

前提条件:金融商品は投資信託がベスト

 

資産運用をしていくうえで、まず大事になってくるのが「何で資産運用をするのか?」という金融商品を選ぶところからです。

 

結論を先に言うと、投資信託が一番最適だと思います。

 

理由はたくさんありますが、3つほど。

 

1.時間を掛けなくていい

2.値下がりが起きにくい

3.定額の積立購入ができる

 

1.時間を掛けなくていい

投資信託は運用をプロに任せるという商品です。

 

信じて託すから信託というぐらいなので、一度購入する銘柄を決めれば、あとは放置でOK。

 

個別株のように値動きをチェックしたり、売り時のタイミングを探る必要もないので、会社員の方でも安心して保有できます。

 

『時間を掛けなくていい』というのは、これから30年間ぐらい資産運用を続けるうえでは、何より大きなメリットとなります。

 

2.値下がりが起きにくい

2つ目のメリットは、長期的な視点で見たときに『値下がりが起きにくい』ということです。

 

短期的には値段が上下しますが、長期的に見ると右肩上がりになりやすいという特徴があります。

 

というのも、これも個別株と比較するとわかりやすいのですが、個別株の場合は1つの会社の株を買うというものです。

 

買った会社が成長して業績を上げてくれて、株価も上がればいいですが、そうならない可能性だってあります。

 

投資信託の場合は、個別株などを複数購入して1つの金融商品にしたものです。

 

株式だけではなく、債券や不動産など、種類はたくさんあるのですが、ようは単独の金融商品ではなく、複合のまとめ商品になっているわけです。

 

ですので、どれか1つが下がっても、他の銘柄でカバーできる可能性が高くて、総じて価格は下がりにくいという特徴があります。

 

3.定額の積立購入ができる

こちらも個別株と比較するのがわかりやすいです。

 

個別株の場合は、基本的には購入できる数量というのが決められています。

 

最低購入数が100株になっているところがほとんどです。

 

※単元未満株(ミニ株)というのもあります。

 

株価400円の株を100株買おうと思えば、最低でも4万円は必要になってきます。

 

投資信託の場合は、これが100円でOKなんです。

 

証券会社によって最低価格というのは違うのですが、ほとんどの証券会社で100円あれば投資信託を購入することができます。

 

少額で始めることができるうえに、自分で決めた金額を毎月積立てることも可能なんです。

 

たとえば、投資信託の銘柄Aに毎月5000円を積立するという設定をはじめにしておけば、あとは放置しているだけで自動的に毎月積み立てがおこなわれます。

 

手間が掛からないので、これも大きなメリットです。

 

30代の年代別シミュレーション(10選)

 

それでは30代のすべての年齢からスタートした場合のシミュレーションを、それぞれの年齢別で見ていきましょう。

 

投資信託の平均リターンは「3%~5%」ぐらいと言われています。

 

今は株価が好調だからという理由もあるかもしれませんが、僕が保有している投資信託は、もうちょっとリターンが高いです。

 

定期的にポートフォリオを公開していますので、そちらも参考にご覧ください。

 

2021年2月15日の資産報告!株価好調のなか迎えるポートフォリオ公開

2021年2月15日の資産報告!株価好調のなか迎えるポートフォリオ公開

 

シミュレーションは、5%で計算していきたいと思います。

 

ちなみに資産運用のシミュレーションを簡単にできる無料ツールがたくさんあるのですが、僕はいつも楽天証券のツールを使っているので、今回もそれで見ていきましょう。

 

30歳のシミュレーション

 

毎月の積立金は『17,604円』という結果になりました。

 

35年間の長期投資になるので、『複利の恩恵』が働いて、運用収益は1260万円になるので、元金よりもはるかに高い収益が期待できます。

 

31歳のシミュレーション

 

毎月の積立金は『18,707円』という結果になりました。

 

年齢が1つ変わるだけで、そのぶん長期投資の利点が減るので、約1000円ぐらいの違いが出ました。

 

32歳のシミュレーション

 

毎月の積立金は『19,893円』という結果になりました。

 

約2万円ですね。

 

32歳の人で、毎月2万円を積み立てていけば、65歳には2000万円が貯まる計算になりました。

 

33歳のシミュレーション

 

毎月の積立金は『21,169円』という結果になりました。

 

運用収益も1200万円を下回り、1187万円となっています。

 

投資している期間が長くなればなるほど、運用益は雪だるま式に増えるわけですが、期間が短くなれば不利になっていくのが、このシミュレーションからもわかりますよね。

 

34歳のシミュレーション

 

毎月の積立金は『22,545円』という結果になりました。

 

年齢が重なるにつれて、じわじわと毎月の積立額が上がってきますよね。

 

35歳のシミュレーション

 

毎月の積立金は『24,031円』という結果になりました。

 

30歳から5歳、年を取るだけで金額が大きく変わってきます。

 

36歳のシミュレーション

 

毎月の積立金は『25,639円』という結果になりました。

 

いよいよ積立金が2万5000円を越えてきました。

 

37歳のシミュレーション

 

毎月の積立金は『27,381円』という結果になりました。

 

36歳と比べて、一気に2000円もアップしてしまいました。

 

いかに長期投資の恩恵が絶大かがわかります。

 

38歳のシミュレーション

 

毎月の積立金は『29,274円』という結果になりました。

 

ほぼ3万円という金額になってきました。

 

39歳のシミュレーション

 

毎月の積立金は『31,335円』という結果になりました。

 

ついに3万円を越える金額になりました。

 

まとめ:投資をするなら1日でも早いほうが有利

30歳:17,604円
31歳:18,707円
32歳:19,893円
33歳:21,169円
34歳:22,545円
35歳:24,031円
36歳:25,639円
37歳:27,381円
38歳:29,274円
39歳:31,335円

 

シミュレーション計算からもわかるように、長期投資には複利の恩恵があるので、投資していく期間が長くなればなるほど有利です。

 

ですので、「いつから投資を始めたらいいですか?」という疑問を持っているのであれば、「今すぐやりましょ!」という答えが正しいのかなと。

 

投資をするなら1日でも早いほうが有利です。

 

その証拠に、今回おこなったシミュレーション計算を、もしもジャスト20歳の場合はどうなるのかを最後に見てみましょう。

 

 

毎月1万円の積立でも、長期投資の恩恵で2000万円になります。

 

運用収益はなんと、1467万円!

 

僕は27歳から、親のすすめで「積立の生命保険」をやっています。

 

ちょうどその金額が月額で1万円なんですが、それを満期で終えたとしても、2000万円ももらえません。

 

60歳から70歳までの10年間の年金で、年額468,000円(毎月3万9000円)。

 

つまりトータル468万円ということです。

 

ちなみに、この商品、リターンはいくらになると思いますか?

 

計算してみると、こうなりました。

 

 

たった1%です!

 

もちろん、生命保険会社は、これよりもリターン率が高い金融商品を運用して、その差額で稼いでいるわけです。

 

27歳の自分に言いたい。

 

「お金の勉強、ちゃんとやっとけよ」

 

マネーリテラシーがあれば、まず間違いなくこの生命保険には入ってませんでしたね。

 

まぁ、今解約するともったいないので、続けますが。

 

ぜひ、お子さんが二十歳ぐらいなら、生命保険ではなく、投資信託の積立をすすめてやってください。

 

そして、マネーリテラシーをあげるために、お金の勉強をするように、すすめてあげてください。

 

最後はちょっと本筋からそれていきましたが、30代の皆さんも、スタートするなら1日でも早く資産運用を始めましょう。

 

ではまた!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© コツコツ投資のコツ , 2021 All Rights Reserved.