30代が月2万円積立で2000万円を目指せる安全な資産運用術

『バンクハザード』銀行すら疑え!銀行に対する価値観が変わる話をします

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

どうも天村です。

今回は、『バンクハザード』銀行すら疑え!ということで、銀行に対する価値観が変わる話をします。

 

ちょっと今回は普通では聞けないような話をしていきます。

かなり衝撃的な内容になっていますので、今もっているお金の考え方がガタガタと崩壊していくと思います。

 

しかし、事実として、しっかりととらえなきゃいけない部分です。

まぁつまり、「なぜ学校でお金の授業がないのか?」っていう謎の部分ですね。

そこに切り込んでいきます。

 

お金に困っている人というか、ほとんど大半の国民が知らないことだったりするので、しっかりと理解してもらえればと思います。

 

銀行至上主義の魔力にかかる日本人

 

「銀行にお金を預ければ安心だ」と考えている人は、一生お金に困ることになります。

これはお金に困っている人の思い込み勘違いの中で、もっともヤバイ考え方なんです。

 

なので、ちょっとこの部分の解説のボリュームを多くしていきます。

 

そろそろお金についての勉強をしていきましょう。

そして、国と銀行と僕たち国民、この3者間の関係を、いい加減しっかり理解しておきましょう。

 

もう情報革命が起きた現代は、真実が次々と暴かれているわけで、銀行のメカニズムについてもオープンになっちゃってるんですが、

それをまだ知らない人が多いので、今回はじっくりお話ししていきます。

 

さて、あなたは「銀行は何をしてお金を儲けているか」知っていますか?

というか、そういうことを考えたことありますか?

 

銀行だってビジネスなんで、お金儲けしないと潰れちゃうわけです。

じゃあ何で稼いでいるの?って話なんですけど、ここを理解している人は少ないです。

 

まず銀行がやっていることでイメージすることって、お金を預かってくれるってことですよね。

どう考えたって、僕たち一般市民が銀行を利用するのって預けたり、引き出したりって感じの出し入れをするのがメインじゃないですか。

 

僕たちからすると、お金を預けているって思ってるんですけど、じつは銀行側はそうは思っていません。

どう思ってるか?

 

「国民からお金を借りている」と思ってるんです。

 

僕たちは預けている感覚を持っていると思うんですが、正確に言うなら、僕たちは銀行にお金を貸しているわけです。

だから微々たる金額ではありますが、利息というのを僕たちは手にしていますよね?

 

本当に雀の涙ほどの金額しかないですが、あれはつまり「お金貸してくれてありがとう」っていうふうに銀行からの感謝なわけです。

言ってしまえば銀行というのは、国民からすごい低金利でお金を借りているんです。

 

僕たちからすると、銀行に対するイメージって、お金を預けることができて安心だっていうふうに思っているんですが、

じつはそれは銀行が僕たちに対してそういうふうなイメージを植え付けているだけです。

 

「自分で保管しておくよりも銀行にお金預けたほうが安心ですよー。さぁさぁうちの銀行であなたのお金をたーいせつに保管しておきますからねー」

 

こういう感じで、銀行は安心ですよーってイメージを僕たちに植え付けるわけです。

 

銀行だって潰れるわけなんで、100%預金しているお金が安心かと言えばそういうわけではありません。

でも、僕たちの頭の中にはそんな考えはまったくないですよね。

 

株で大損した人の話は何となくイメージできるのに、銀行つぶれて預金おろせなくなった人の話はイメージできないんですよ。

 

それぐらい銀行は安全だっていうイメージを植え付けられています。

 

なぜかというと、その方が都合がいいからです。

理由は1つだけで、国民から少しでも多くお金を借りたいからです。

 

だから僕たちはまず、銀行に対してお金を貸しているんだってことを認識しなきゃいけません。

じゃあ銀行はそこまでして僕たちから借りたお金で、いったい何をやっているのかっていうのが気になりますよね?

 

この部分がつまり、銀行が何をしてお金もうけしているのかっていう答えの部分になります。

 

銀行のお金儲けのシステム

 

では銀行の稼ぎのシステムとは、いったい何なのでしょうか?

 

「中小企業などの会社にお金を貸し付けて、その金利で儲けている」と考える人がいるかもしれません。

 

たしかに銀行の稼ぎの一部ではあるんですが、メインの稼ぎ方ではなくて、もっと大きな稼ぎ頭があるんです。

 

しかもそれは、ものすごく安パイな方法で、なんですけど莫大な金額をかけることによって、その安パイでも十分儲けていけるという「ある金融商品」を買っているんです。

 

それは国債です。

 

国債の説明をしだすと、この記事が終わらなくなるので、一言で簡単に言いますと、国債とは国の資金調達の方法です。

ようは国の借金ってことです。

 

投資家などに対して国債を発行してお金を借りるっていうことなんですね。

だから個人向け国債なんかであれば1万円から購入できますし、僕たちでも簡単に買うことができます。

 

たとえば100万円の国債を買えば、0.05%の利息がついて1年でだいたい500円になります。

満期がくればお金は返ってきます。

(ちなみに都銀の普通預金の金利は0.001%)

 

国が破綻しないかぎりはお金が返ってくるので、ものすごく手堅い金融商品が国債と思っていただければOKです。

 

で、銀行は国民から莫大なお金を借りているわけですよね。

その多額のお金で国債を買うわけです。

 

しかも、0.001%の利息で借りたお金で、0.05%の国債を買うので、単純計算で50倍の儲けが「100%確定している銘柄」に投資しているわけです。

これはまさに「10円が500円になる仕組み」と言っていいです。

 

国がつぶれない限り、元本が保証されている、きわめて安パイな金融商品である国債を買う。

 

100万円だと500円ぐらいにしかならない、0.05%の利息ですが、たとえば1兆円だといくらになるでしょうか?という話になってきます。

 

ちなみに1兆円の0.05%は、5億円です。

 

銀行はただただ国民からお金を借りて、そしてその借りたお金を国に貸して、その利息で1年間に5億円を儲けているってことなんです。

 

これすごくないですか?

銀行は何も生み出していないんですよ。

ただただお金を回転させただけです。

 

それだけなのに、利息で5億円も稼いじゃったってことです。

だから銀行っていうのは、言ってしまうと金貸しの金融屋さんってことなんです。

 

しかもこのビジネスモデルのすごいところは、借金には税金が掛からないってことです。

言ってる意味わかりますかね?

 

借金には税金が掛からないという不思議

 

借金には税金がかかりません。

 

つまり国民からいくらお金を借りたとしても、それには税金は掛からないっていう仕組みになっているんです。

 

一般的なビジネスモデルだと、商品を仕入れて、それを売って利益を出しますよね。

 

でも当然ですが商品を仕入れるときには消費税などの税金がかかりますよね。

でも、銀行が販売している商品はお金です。

 

中小企業に貸し付けしたり、国債を買って国に貸し付けしたりするわけなんで、商品はお金ですよね。

 

じゃあそのお金をどこから仕入れるのってなったときに、国民に預金してもらう、つまり借金して仕入れているわけで、そして借金には税金が掛からないっていう国の仕組みがあるんで、銀行はものすごく手堅く商品を仕入れているんです。

 

銀行側の思惑がこれで見えましたよね。

 

銀行は国民からお金を借りて、そのお金を国に貸して利息で儲けているということです。

 

だから僕たち国民からすると、間接的に国にお金を貸してるってことになりますよね。

 

で、国としても国債がなくなると財源確保できなくなるからヤバイじゃないですか。

 

だから国民に銀行へのお金を預けることが美徳なんだよ。貯蓄って素晴らしんだよーってイメージを洗脳させるわけです。

 

国の思惑としても、国債を買ってもらって財源確保したいっていう思惑があるのがわかったかと思います。

 

じゃあ僕たちの思惑は?

僕たち国民には、思惑なんてないですよね。

 

銀行預金に対して、こんなお金の流れとか、仕組みがあるとかって、学校で教えてもらいましたか?

教えてもらってないですよね。

 

だって教育をコントロールしているのは国なわけです。

 

国が不利益になるようなことを、国民に教育するわけないですよね。

 

だから僕たちは国語・算数・理科・社会はやっても、死ぬまでお付き合いしていくお金についての授業を1分も受けていないんです。

 

これってすごいことですよ。

 

だって僕たちは、税金という形で直接的に国にお金を払って、そして銀行への預金という形で間接的に国にお金を払ってるんです。

 

国っていったい何なんでしょうね。

 

それでも僕たちは銀行至上主義を持ってしまってます。

 

その洗脳から抜け出せない限り、一生お金に困る生活を送ることになります。

 

お金の勉強、もっとしっかりやっていったほうがいいと思いませんか?

 

銀行至上主義の話は知らない人が多い部分なんじゃないかなぁって思います。

 

国は教えてくれませんので、お金のことしっかり勉強していきましょう。

 

ではまた!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© コツコツ投資のコツ , 2020 All Rights Reserved.