30代が月2万円積立で2000万円を目指せる安全な資産運用術

日銀の「デジタル通貨」がさらに準備を進めている!実現すればどうなる?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

 

どうも天村です!

今回は、日銀の「デジタル通貨」がさらに準備を進めている!実現すればどうなる?というお話しをします。

 

日銀のデジタル通貨の現状

日銀の黒田総裁が16日に、金融庁などが主催する会合にビデオメッセージを投稿しました。

 

その際に、デジタル通貨についても発言がありました。

 

このブログでも過去に何度か、日銀のデジタル通貨や、デジタル通貨の先進国として中国がどんな動きをしているかをお伝えしてきました。

 

デジタル通貨実現へ日銀が第2段階の実証実験を発表!どうなる未来のお金

 

デジタル人民元はいつから開始するのか?深センなど実証実験はすでに最終段階

 

日銀の立場としては「現時点で発行する計画はない」というスタンスを変えていませんが、とはいえ「将来、必要になった時点で初めて検討を開始するのは適切ではない」という考えであることが発言されました。

 

「デジタル社会の到来という大きな変化を迎える中、中央銀行のお金をどのような形で提供していくべきか、この機会にしっかりと検討しておきたい」ということも言っています。

 

日銀の総裁として、慎重になる部分と、時代を先読みする部分をしっかりと見極めていきたいというのが、本音だと思いました。

 

デジタル通貨がある未来予測

 

さて、ここからは未来予想でもしてみたいと思います。

 

デジタル通貨が発行されることで起こるかもしれないことと、何が変わるのかというのを、あくまでも僕が考えることを言っていきます。

 

1.タンス預金のあぶり出し

2.ネットショッピングの増加

3.キャッシュレス決済は変わらない

 

1.タンス預金のあぶり出し

まずはこれが一番大きな成果となるでしょうね。

 

もしも「現金がまったく使えなくなる」という条件になってデジタル通貨に移行すれば、タンス預金は日本からなくなります。

 

現金をすべて銀行に預けてデジタル通貨にしないと、意味をなさなくなれば、タンス預金を持つ意味もなくなるからです。

 

そうなると、政府はいろんな統制を取りやすくなります。

 

あくまでもこれは僕が考える最悪のシナリオですが、デジタル通貨にして現金をなくすと「預金封鎖しやすくなる」という事実も理解しておかないといけないのかもしれません。

 

2.ネットショッピングの増加

これは何もデジタル通貨だけが要因ではないですが、ネットショッピングでの買い物がさらに加速すると思います。

 

コロナの影響で2020年から急速にネットショッピングが定番化してきて、今後もますますその市場は拡大していくでしょう。

 

リアルでお店をやるのが厳しい時代に、どんどん突入していきます。

 

もうこれは時代の流れなので、仕方がないことだと思います。

 

現金で買い物していた人も、デジタル通貨がスタートすることで、ますますネットショッピングに切り替えていくでしょう。

 

3.キャッシュレス決済は変わらない

残されたのは街でのショッピングですが、ここに関しては、今すでにキャッシュレス決済が当たり前の人達にとって、特段なにかが変わるという印象はないのかもしれません。

 

僕もすでに現金をほとんど使わなくなったので、今すぐにデジタル通貨100%で、現金はいっさい使えない世の中になったとしても、ウェルカム状態です。

 

キャッシュレス決済で支払いをするのが当たり前になったので、デジタル通貨がスタートしても、何も困りません。

 

まとめ:超高齢化社会の日本では実現は遠い

いろいろと予想してみるのですが、帰結する部分は、今後の日本の状況ですね。

 

超高齢化社会となって、年配者が増えるなかで、デジタル通貨が受け入れられるとは、とても思えません。

 

若いリーダーにならない以上、日本から現金がなくなることは、きっとないでしょう。

 

というか、若いリーダーが生まれる可能性は、ほぼゼロです。

 

だって有権者のほとんどが高齢者ですからね。

 

高齢者にやさしい政治家は、「若者のため」という言葉を口には出すのですが、実際に行う政治は高齢者のためにおこないます。

 

だって、その方が票を取れますからね。

 

有権者として若者のほうが多くない日本において、デジタル通貨が実現して、現金がなくなる未来は、僕が生きているうちは来ないと思っています。

 

ではまた!

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© コツコツ投資のコツ , 2021 All Rights Reserved.