30代が月2万円積立で2000万円を目指せる安全な資産運用術

デジタル通貨実現へ日銀が第2段階の実証実験を発表!どうなる未来のお金

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

 

どうも天村です!

今回は、デジタル通貨実現へ日銀が第2段階の実証実験を発表!どうなる未来のお金というお話をします。

 

1月19日に日銀からデジタル通貨に関する実証実験の予定が発表されました。

 

参考記事『《独自》日銀、デジタル通貨で第2段階の実証実験へ – 産経ニュース

 

もともと想定では、実証実験は第3段階まであるようなんですが、今回発表されたのは第2段階の実証実験です。

 

ちなみにこの実験が行われるのは、2022年の春を予定しているようです。

 

そこで今回は、デジタル通貨とはそもそも何なのか?

 

デジタル通貨が実現するとどうなるのかを考えていきたいと思います。

 

デジタル通貨とは

 

デジタル通貨とは目に見えないお金で、目に見える現物通貨と対極の通貨です。

 

現物通貨は今も使っている日本円のお札とか硬貨などで、それに対してデジタル通貨というのは目に見えない数字のデータです。

 

データとして数字が並ぶだけだと思ってもらっても差し支えないかもしれません。

 

たとえば、楽天EdyやSuicaなどの電子マネーもデジタル通貨の一種ですし、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨もデジタル通貨です。

 

なんだったら、銀行預金に入っているお金も、「ただ数字が羅列しているだけのデータ」にしか過ぎないので、デジタル通貨と定義してもいいのかもしれません。

 

預金の場合は窓口やATM、コンビニATMで現金として引き出すことができるので、そうなった時にはじめて、デジタル通貨から現物通貨に交換されたと考えることもできます。

 

仮想通貨との違い

よく混同されがちなのが、「仮想通貨とデジタル通貨はどう違うの?」という部分。

 

シンプルに言うなら、中央銀行が発行するか、そうじゃないかという違いです。

 

デジタル通貨は日銀のように国の中央銀行が発行するので、その国家であればどこでも利用できるようになります。

 

たとえば今の日本円を日本国内だとどこでも使えるのと同じで、日銀発行のデジタル通貨は、国内のどこでも使えるようになると予想されています。

 

電子マネーや仮想通貨については、利用できる店舗も限定的ですし、中央銀行の保証もありません。

 

仮想通貨については、こちらの記事でも詳しく書いてますので、ご参考までに。

 

初心者におすすめの仮想通貨の始め方!口座開設から購入売却まで!

 

これから来るバブル3選【仮想通貨・株式投資・金】

 

 

デジタル通貨のメリット・デメリット

デジタル通貨にはメリットもあれば、デメリットになる部分もあります。

 

メリット

輸送や保管などのコストがかからない

通貨製造コストがかからない

脱税やマネーロンダリングの防止

物質を生まないことによる環境保全

 

デメリット

取引情報や個人情報の漏洩

通信障害による利用制限

 

日銀の実証実験3段階について

 

今回、第2段階の実証実験についての発表があったわけですが、日銀は実際に「デジタル通貨を発行する予定はない」ということを、現段階ではきっぱりと明言しています。

 

そのうえで、「いかなる状況にも迅速に対応できるように」という名目のもと、実証実験をおこなっておいて、準備をしておくようです。

 

3段階の実証実験については、このような内容になっています。

 

 

第1段階:発行や流通といったデジタル通貨の基本機能に関する検証(2021年早期予定)

第2段階:保有金額の上限設定、通信障害環境下の利用など、通貨に求められる機能に関する検証(2022年春予定)

第3段階:民間事業者や消費者参加による実用に関する検証(未定)

 

 

デジタル通貨が実現する未来予想

 

最後に僕の個人的な予想。

 

デジタル通貨が発行されても、さして何も変わらないと思っています。

 

現物通貨をデジタル通貨に替えたところで、日本の国力が上がるわけでもないでしょうし、超少子高齢化が改善されるわけでもない。

 

むしろ国力が弱ってくる中で、デジタル通貨を発行したところで、日本円に対する価値は世界的に見て下落していくと思っています。

 

それだったらビットコインなどの仮想通貨を今からコツコツ積立して保有していくほうが100倍ぐらい可能性を感じます。

 

デジタルになろうが、円は円です。

 

円の価値が世界的に上がらない限り、というか老いていく日本の通貨だけで資産を形成するのは、なかなかにリスキーだと僕は思っています。

 

ですので、自己資産は幅広く、いろんな金融商品や外貨も含めて保有していくのが理想。

 

まぁとはいえ僕もまだまだ理想を追いかけているだけの道半ば。

 

なので一緒に資産形成を頑張っていきましょう。

 

とまぁ、なんとなくデジタル通貨に否定的な感じの予想になりましたが、僕としては「早く始まれ!超絶ウェルカム」という考えです(笑)

 

こういう新しい技術とかが大好きなので、早く実現すればいいのになぁと思っています。

 

続報があれば、この情報は追いかけていきますので、お楽しみに。

 

ではまた!

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© コツコツ投資のコツ , 2021 All Rights Reserved.