30代が月2万円積立で2000万円を目指せる安全な資産運用術

オンラインビジネスの失敗談「YouTubeチャンネルとラジオを閉鎖」

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

 

どうも天村です!

今回は、オンラインビジネスの失敗談「YouTubeチャンネルとラジオを閉鎖」というお話しをします。

 

今日は投資資金の作り方として、僕の失敗談を共有します。

 

成功談というのは、「その人だからできた」とか「そのタイミングだからできた」という感じで、多くの人に再現性がないことだったりします。

 

いっぽうで失敗談というのは、誰しもがやる可能性のあることだったりするので、それを事前に知っておけば、回避することができることだと思います。

 

ですので僕は、成功談よりも失敗談のほうが、はるかに価値の高いものだと思っています。

 

これまでにも、僕がやった失敗談を記事にしているので、そちらも合わせてご覧いただければ、生きていく上での大きなヒントや気付きがあるはずです。

 

リボ払い地獄にハマった過去を激白!ネットビジネスの教材を買いすぎた苦い失敗談

リボ払い地獄にハマった過去を激白!ネットビジネスの教材を買いすぎた苦い失敗談

 

YouTubeチャンネルとラジオを閉鎖へ

 

2020年の9月末ぐらいから毎日欠かすことなく継続してきたYouTubeチャンネル「ビジネスvlog」と、「stand.fm」でのラジオ配信を先日やめました。

 

この2つに関しては、自分の中では実験という意味合いが強かったのですが、実験はうまくいかなかったという結果になりました。

 

ただし、ここに関しては悲観はしていませんし、よい経験を積めたと思っています。

 

とはいえ、反省すべき点もあるので、皆さんに共有しながら、振り返りたいと思います。

 

まずはYouTubeチャンネル「ビジネスvlog」について、実際のYouTubeアナリティクスデータを見ていきながら、振り返っていきます。

 

YouTubeチャンネルのデータを公開

 

まずは、これが過去28日間の概要データです。

 

動画をアップするたびに、視聴回数がどんどん下がっていき、さらにチャンネル登録を解除する人の数も増えていく状態でした。

 

 

過去90日の概要データがこれです。

 

年末に再生回数がアップしているのは、僕のメインチャンネル「天村くんお金かしてよ」で、紹介したことによってアップしています。

 

それ以外は低空飛行を続けていて、最終的にはジワジワと終わりに向かっていった感じですね。

 

分析した結果からわかった失敗の要因はのちほど。

 

ラジオ「stand.fm」の実感

続いてラジオです。

 

こちらはstand.fmというアプリを使っていました。

 

YouTubeチャンネルで録画したデータの音声のみをラジオ配信で使っていたので、素材としては使いまわしをしていました。

 

ですので、僕の労力としては半分だったわけです。

 

stand.fmのアプリにはデータ分析できるような機能がなく、さらに再生回数がどれぐらいあるのか分かる機能もありません。

 

これは、配信者としてはデータ取りできないので、対策のしようがないという致命的な設計。

 

「再生されているな」という判断は、いいねの数とフォロワーの増え方で判断するしかないので、なんとも微妙です。

 

PDCAをまわしにくいプラットフォームだと思いましたね。

 

最後に2つのメディアでの失敗の要因を自分なりに分析しましたので、シェアします。

 

2つのメディアで失敗した敗因

 

今回の失敗の要因は大きく2つあります。

 

それぞれのメディアで1つずつありました。

 

1.ニーズ無視で「好きなこと」をやった

2.SNS自体の利用者が少ない

 

1.ニーズ無視で「好きなこと」をやった

こちらはYouTubeチャンネルでの失敗原因です。

 

とにかくこのチャンネルについては、視聴者のニーズ無視で、僕がやりたいことをやってみようという感じでスタートしたチャンネルになります。

 

ですので、当然の結果なのかもしれませんが、まさかここまで落ちていくとは思っていませんでした。

 

ニーズがないことでも、継続していけば再生回数は少しずつ上がっていくと思っていたのですが、考えが甘かったですね。

 

求められていないことは、数字として正直に出ます。

 

いらんもんは、いらん。

 

ビジネスとして、当たり前のことですね。

 

ニーズがあるから、それにお応えすることで、感謝されたり、喜んでもらえる。

 

その対価としてお金をいただくのがビジネスです。

 

悩みを解決したり、欲求を満たしてあげるからこそ、価値がある。

 

それを無視して、自分の好きなことだけをやるのは、オ◯ニーと同じ。

 

独りよがりのビジネスは、痛烈に、バーン!と数字として出ますね。

 

それを痛感した事例になりました。

 

2.SNS自体の利用者が少ない

最後はラジオです。

 

ここに関しては、「素材使いまわし」というのは原因ではないと僕は思っています。

 

それよりもプラットフォーム自体に問題があったかと。

 

ようは単純に「そのプラットフォームの利用者が少ない」というのが、最大の原因だったかなと思います。

 

半年間使っていて、プラットフォームとして「利用者を増やしていきたい!」という気概を感じなかったですね。

 

仕様が改善されるようなこともなく、プラットフォーム自体のブラッシュアップも感じない。

 

さらに利用者を増やすための施策や、配信者の意欲があがるような仕様も感じない。

 

これは感覚の問題だと思うので、あくまでも「僕がそう感じた」というだけです。

 

ただし、半年間毎日欠かさず配信していた配信者の感想なので、おおむね他のプレーヤーも同じことを感じていると思います。

 

YouTubeは、つねに利用者と配信者、そして広告スポンサーの3者のことを考えて、日々プラットフォームの改善を考えています。

 

それは配信している僕が、そう感じるので、「感覚の問題」としては、「よくやってくれる」と思っているわけです。

 

stand.fmには、それがなかった。

 

この半年間、何かやってました?と言いたいですね。

 

ローンチして、放置。

 

そんな印象を受けてしまいました。

 

もちろん、僕のコンテンツが悪いというのはあるでしょうけど、それを差し引いても、プラットフォーム自体に「利用者を伸ばしていくぞ!」という信念や哲学、思いを感じることはできませんでした。

 

実際に、視聴者が増えている感覚もありませんでした。

 

ということなので、「利用するプラットフォーム選定」は、超絶大事だなというのを、僕は今回の経験から学びました。

 

今回は、僕の失敗を2つシェアしました。

 

「好きなこと」だけでは、ビジネスは成り立たない。

 

勝負する舞台(プラットフォーム)選びは大事。

 

この2つの教訓を取り入れていただいて、あなたのビジネスも改善していってほしいと思います。

 

ではまた!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© コツコツ投資のコツ , 2021 All Rights Reserved.