30代が月2万円積立で2000万円を目指せる安全な資産運用術

ファイナンシャルフリーをめざすための3ステップ!FIREを目指したい人は必見!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

 

どうも天村です!

今回は、ファイナンシャルフリーをめざすための3ステップ!FIREを目指したい人は必見!というお話をします。

 

FIREというのは、Financial Independence Retire Earlyの頭文字をとった略で、早期リタイアのことを言います。

 

これはアメリカの若者の間で流行した言葉で、日本でも今年はよく耳にしました。

 

ファイナンシャルフリーというのも、その状態だと思ってください。

 

簡単に言いますと、毎月の支出額に対して、不労所得がそれを上回ればファイナンシャルフリーの状態ということです。

 

ですので厳密にいうと「FIRE」と「ファイナンシャルフリー」は意味合いが少し違うのですが、この記事では同義として進めていきます。

 

「ファイナンシャルフリー」を目指すためにやるべき3ステップを解説していく前にお伝えしなければいけないことがあるので、まずはそのお話をします。

 

始めに絶望を与えます

 

最初に血も涙もない現実をお伝えします。

 

「ファイナンシャルフリー状態」になるのは、超絶大変!ということです。

 

茨の道だと思ってください。

 

簡単にできるとか、「市販されている書籍」の言う通りにやれば、FIREを実現できると思っているのであれば、それは大きな勘違いです。

 

もしそんなに簡単にできるなら、日本から会社員はソッコーでいなくなります。

 

簡単にできるということを謳っている教材やセミナー、書籍などがあれば、疑ってかかったほうがいいです。

 

とにかくファイナンシャルフリーになって、FIREしたいなら、ものすごく努力が必要です。

 

知識・行動・努力・失敗・経験といった感じで、それはそれは泥臭い作業も必要ですし、今の生活から何かを犠牲にしない限り、手に入らないと思っていただいた方がいいです。

 

やるべき3ステップ

 

具体的には、今の生活水準を変えることなく、働かなくても自動的に入ってくる収入だけで生活費をまかなえる状態になれば、ゴールです。

 

ですので、やることはすごく具体的にわかりやすいのですが、その分かりやすさとは裏腹に達成難易度はかなり高くなっています。

 

大きくわけると3ステップでファイナンシャルフリーまでの道のりは完結しますが、ステップ1とステップ2の難易度が激甘なのに対して、ステップ3は超絶激辛なので、そこで挫折する人が大多数です。

 

それでも挑戦したいという勇者は、僕と一緒に頑張りましょう。

 

ちなみに僕はファイナンシャルフリーを目指している途中段階ですので、あくまでも完結した人間ではないので、そのつもりで聞いていただければ幸いです。

 

Step1. 毎月の支出額を算出する

ここは簡単なので、サクッと終わらせてください。

 

毎月どれぐらいの金額の支出があるのかを、明確に見える化してください。

 

エクセルなどで簡単にまとめて、自分で把握できるようにしておけばOKで、決まったフォーマットとかはないですし、気にしなくていいです。

 

毎月確実に同じ金額になるはずがないので、平均値を割り出して、その金額よりもプラス5万円~10万円ぐらいの金額を、「不労所得で得るための目標金額」に設定しましょう。

 

ちなみに「生活費として出ていくお金」だけではなくて、「老後資金のために貯蓄や投資に回すお金」も合計した金額にしてください。

 

僕もファイナンシャルフリーを目指そうと決めた時に計算したのですが、僕の場合は30万円というのが目標金額になりました。

 

Step2. 不労所得の手段を決める

次はどうやって不労所得を獲得していくかという手段選びです。

 

主な手段としては、自分が実働しなくても収入を得られる手段ですので、「投資ジャンル」以外にありません。

 

ビジネスをして社長になって社員に働いてもらうというのも、100%自分は何もしなくていい状態とは言えませんので、除外です。

 

ビジネスについては、自分が稼働しなければいけない部分が必ず含まれているので、投資ジャンルでしか不労所得は得られないということを覚えておいてください。

 

ではその中で「毎月30万円のリターン(年間360万円のリターン)」があるものを選んでいきます。

 

この数字はステップ1で設定した金額になります。

 

株式投資

投資信託

自動売買FX

不動産投資

仮想通貨

 

これらの手段がメインになりますが、注意しなければならないポイントは「資産が減るリスクをはらんでいる」という部分。

 

はっきり言いますが、何のメンテナンスもせずに確実に毎月不労所得が入り続けるなんて「ありえない」ということです。

 

必ずメンテナンスは必要ですので、何もすることなくファイナンシャルフリーを死ぬまで継続するなんて不可能だと思っておいてください。

 

具体的な金額の算出

手段を決める時にやっておかなければいけないのは、毎月目標の金額をリターンとして受け取るには、いくらの資産が必要になるのかという「元本」の金額を理解しておくことです。

 

たとえば僕の場合であれば、毎月30万円なので年間で360万円のリターンがあればOKです。

 

ということは次に想定されるリターンのパーセンテージを決めます。

 

ここはあまり大きくしすぎると、その分リスクのパーセンテージも大きくなるということを覚えておいてください。

 

リターンとリスクの関係はつねにイコールです。

 

ローリターンであればローリスクですが、ハイリターンであればハイリスクになります。

 

僕が想定しているのは、リターン5%のローリターンです。

 

投資信託の年率リターン5%で360万円を狙います。

 

そうなれば次に、「元本がいくらあればいいのか」を計算していきます。

 

この計算式はシンプルです。

 

目標金額 ÷ 目標リターン率 = 必要元本

 

これで金額が出てきますので、計算しますと「360万円 ÷ 0.05 = 7200万円」ということになります。

 

ですので僕が不労所得を得るために、運用してけばいい金額は7,200万円。

 

これを年率5%で運用し続ければ、毎年360万円、毎月30万円の不労所得が入ってくるということになります。

 

Step3. 不労所得システム構築資金を稼ぐ

では金額がわかれば、あとはその金額に向けてお金を貯めていくだけです。

 

「7200万円を会社員の給料だけで貯めれますか?」と聞かれたら、多くの人が厳しいんじゃないかと思います。

 

そこで副業ビジネスをしたり、投資をして増やしていくしかありません。

 

副業と言っても多岐にわたりますし、投資もいろんな種類のものがあります。

 

単純に「はい!7200万円稼いでください!」と言われても、どうすればいいのか。

 

簡単に稼げる金額じゃないことは明白ですよね。

 

なのでこのステップ3が激辛すぎるので、多くの人はここでファイナンシャルフリーやFIREを断念せざるを得ない状態になります。

 

ここはシンプルに「ビジネスと投資を両方がんばって7200万貯める」しか手段はないからです

 

そこに近道とかはないので、地道に努力して、コツコツ積み上げていくしかないので、冒頭でも言いましたように「早期リタイアは甘くはない」ということです。

 

それでも僕は今、明確にその道が見えつつあるので、がんばって先に道を開拓しておきます。

 

そのヒントになることも、期間限定のLINE特別講座で紹介していますので、よろしければ登録していただければと思います。

 

ライン公式アカウント(ブログ)

まとめ:それでも自由を追い求めようぜ!

 

ファイナンシャルフリーになるのは厳しいし、険しい道というのはご理解いただけたかと思います。

 

どうやっても不労所得を得るために「莫大な資産」が必要になるので、まずはそれを貯めなければお話にならないということです。

 

でもだからって、僕はあきらめたらダメだと思います。

 

それにそこを目指す道中は、当然大変なこともありますけど、楽しいこともめっちゃ多いですからね。

 

ぜひ一生懸命に目指してほしいなと思います。

 

僕もまだまだ道半ばですが、楽しみながら進んでますんで、その途中経過もタイムリーにお伝えしていきます。

 

ぜひ一緒にがんばっていきましょう!

 

ではまた!

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© コツコツ投資のコツ , 2020 All Rights Reserved.