30代が月2万円積立で2000万円を目指せる安全な資産運用術

投資で失敗する人の負けパターン3選!これだけは絶対やるな!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

 

どうも天村です!

今回は、投資で失敗する人の負けパターン3選!これだけは絶対やるな!というお話しをします。

 

投資において、これをやれば絶対に成功するという必勝パターンというのは、一握りの人が持っていて、なかなかそれを無料の情報をオープンに開示しないものだったりします。

 

有料のセミナーや商材などで伝授している人もいるでしょうが、肝心の部分はオブラートに包んでいたりするので、完全なる必勝パターンをすべてさらけ出している人は少ないのが本当のところです。

 

いっぽうで、失敗するパターンというのは、共通項として共有されていることが多いです。

 

「これはやっちゃダメ!」ということを回避できれば、投資で成功する確率が高くなりますので、今回は投資で失敗する人の負けパターンを3つ紹介していきます。

 

投資で失敗する人の負けパターン3選

 

投資における負けパターンは、これらの3つになります。

 

1.自分軸がなく他者情報に振り回される

2.短期・中期・長期の振り分けをしていない

3.投資と投機の意味を理解していない

 

1つずつ解説していきます。

 

1.自分軸がなく他者情報に振り回される

もっとも大事と言ってもいいのが、自分だけの投資観を持っておいて、そしてそれを絶対にブラさないことです。

 

これには正解というものはないですが、その自分軸がないばかりに、とにかく他人の情報などに流されてしまう人が、投資で損をしているパターンが多いです。

 

たとえば僕の軸であれば、「投資のスキルは3流だから、自分で運営する色が強い個別株には手を出さない」ということを決めています。

 

どれだけ良い条件とか、この銘柄は必ず来るというものがあったとしても、僕は基本的には自分の投資スキルをまったく信じていません。

 

ですので、運用はプロがおこなう投資信託しか購入しないようにしています。

 

自分軸というのものに正解はないので、人それぞれに軸は違います。

 

僕の場合は自分を信じていないという軸で、これがブレてしまって「自分の投資スキルはスゴい!」と思いこんでしまって、調子に乗ると痛い目を見ることがわかっています。

 

ですが、そうじゃない人もいるのは事実です。

 

めちゃくちゃ投資スキルが高くて、購入する銘柄でほとんど損をしない人にとっては、きっと違う自分軸があることでしょう。

 

それでいいと思っていますし、軸はひとつではないし、共通でもない。

 

人それぞれの軸を明確に持っておくだけで良くて、あとはそれをブレないようにして投資に取り組んでいけば、高い確率で負けパターンには入りません。

 

軸がなく、他社情報に右往左往している人は、キツイ言い方をすると、カモにされやすい人でもあります。

 

そうならないように、まずは明確な自分軸を見つけるところからスタートするのがいいと思います。

 

僕のように「ネガティブな特徴」を持っておいて、「それを回避する」ということでも、それは立派な軸になり得るわけです。

 

2.短期・中期・長期の振り分けをしていない

投資をするうえで、「おこなっている投資の目標期間はいつまで?」ということを答えられない投資は、かなり高い確率で負けパターンになります。

 

短期なのか?長期なのか?で、戦略は変わってくるからです。

 

「なんとなく投資している」という状態はかなり危険。

 

「いつまでに利益を確定させるのか?」ということを明確にしておきさえすれば、負けない戦いがやりやすくなります。

 

期限を決めていないとズルズルいくことが多いので、「この投資はいつまで」というのを明確にしてから、投資に挑むのがいいと思います。

 

3.投資と投機の意味を理解していない

あなたは投資と投機を理解していますか?

 

投資=長期的な視野で利益をもたらすもの

投機=ギャンブル的な要素が強い

 

このように考える人が多いのですが、これではまるで投機がダメなことのような印象を感じます。

 

もちろん、投機にはギャンブル的な要素はあるのですが、資産形成を加速させる上では、投機をすることもじつは重要だったりします。

 

長期的な資産形成という意味合いの投資だけでは、なかなか資産は構築できないので、投機をうまく織り交ぜていくというのが理想的なスタイルです。

 

僕は投資8:投機2の割合で資産を分配しているのですが、今のところこの割合はしっくり来ています。

 

「投機は怖いからいっさいやらない」というのは、ちょっともったいないので、積極的に取り入れてみてほしいと思います。

 

ただし、もっと怖いことがあります。

 

それは投資と投機の違いについて、さっぱりわかっていないというパターンです。

 

「いまやっている投資は『投資』なのか、それとも『投機』なのか」ということ自体を認識していないパターン。

 

これはかなり危険ですので、今すぐに今やっている対象が投資なのか、投機なのかを理解しておきましょう。

 

違いもわからずにお金をつぎ込むと、かなり高い確率で負けます。

 

まとめ:「長期・分散・低コスト」をベースに

 

資産形成の基本は「長期・分散・低コスト」です。

 

その中で短期的な投機を織り交ぜていって、資産形成のスピード感をアップさせていくのが、今のところ僕が考える理想の資産形成です。

 

しっかりと長期・分散・低コストをメインの資産にしていきつつ、失敗しても資産全体に大きなダメージを与えない程度で、投機をやっていく。

 

そうすれば、負けるパターンには陥りにくくなりますので、ぜひ今回ご紹介した3つのパターンに当てはまっていないか、ご確認いただければと思います。

 

資産形成をする上で、その他にも大事なことは色々ありますので、こちらの記事も参考になると思います。

 

インデックスファンドvsアクティブファンド!5ヶ月保有して出た結論

インデックスファンドvsアクティブファンド!5ヶ月保有して出た結論

 

ではまた!

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© コツコツ投資のコツ , 2021 All Rights Reserved.