30代が月2万円積立で2000万円を目指せる安全な資産運用術

少額投資からコツコツ資産形成を始めるか?定年後もお金のために働くか?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

どうも天村です!

今回は、少額投資からコツコツ資産形成を始めるか?定年後もお金のために働くか?というお話をしていきます。

 

これを見ているあなたの年齢はおいくつでしょうか?

20代の人もいれば、30代・40代・50代、もっと年配の方もいらっしゃるかもしれません。

 

いづれにしても、この記事を読んでいる「今」が一番若い時間であるのは間違いない事実です。

 

では、今後のために今からコツコツ投資を始めるのか、それとも今は目先の楽しみを優先させて、そのためなら浪費しても仕方がないとばかりにお金を使うのか。

 

それはほんの些細な選択なのかもしれませんが、その些細な選択の連続で今の生活があるわけですし、そして未来もそれは変わらないわけです。

 

なので、はじめは少しの差でも、「コツコツ資産形成している人」と「目先の楽しみを優先させる人」の差は、人生レベルで見ると取り返しのつかないぐらいの差になります。

 

それでも投資を毛嫌いする日本人

 

少額投資からでもいいので、今からコツコツ資産形成を始めるのか。

 

それとも、やっぱり目先の楽しみを優先させて、後回しにして「いつまで経っても始めない」ままでいるのか。

 

どちらを選択するのかは個人の自由なので、僕がどうこう言ったところで仕方がないことなのですが、もしも将来のために資産運用をすることもなく、目の前の今を楽しんでいたとして、それで年をとってからお金のために働く人生が続いたとしても、それは自分で選択したことなので、文句を言うのはみっともないですよね。

 

今から投資をやってコツコツ資産形成して、そして老後は「お金の心配をせずに」悠々自適に過ごすのか。

 

それとも痛む関節、動かなくなる体に鞭打って、倒れるまで誰かに指示されて外で働くのか。

 

ただただ「面倒だから」とか「失敗が怖い」とか、「投資なんてうさんくさい」とかっていう理由だけで敬遠していても、これからどんどん厳しい現実が待っているだけの未来で、自分の可能性を大いに狭くしてしまって、どんどん自分で自分を窮地においやってしまうだけになります。

 

それでも日本人にはDNAレベルで「銀行にお金預けてたら何とかなる」とか、「貯金額がすべて」みたいな銀行至上主義の人が多いわけですが、毎年のように低インフレを継続して起こしている日本において、貨幣価値は年々さがっているのに、まだ「貯金しておけば大丈夫」という風潮が消えないのは、「まじで日本人だいじょうぶか?」と思ってしまうほど、「お気楽な民族だな」と思ってしまいます。

 

少額投資をバカにすると痛い目を見る

 

「投資が大事」というと、「そんな大金持っていない」という答えをする方が中にはいます。

 

大きい金額じゃないと投資してはいけないと思っていらっしゃるのかもしれませんが、それは違います。

 

たとえ少額しか資産がなくても、資産運用はしていくべきです。

 

なぜなら毎月、捻出できる金額で積立をしていくことで、時が経てば大きな差になっていくからです。

 

毎月1万円だけでも、投資信託の積み立てをずっと継続すれば、30年でこれだけの資産になっています。

 

 

コツコツ積み立てれば、832万円ぐらいになっているわけです。

 

実質的には1万円×30年間なので実際に投資した金額は「360万円」なのに、複利の効果で「472万円」が上乗せされます。

 

これが投資のリターンと呼ばれているものです。

 

投資信託ではリターンの平均がだいたい5%ぐらいなので、それよりも大きいリターンで運用すれば、それだけ複利の効果が大きくなるので、もっと大きな金額になります。

 

もちろんその分、リスクが増えるので、一長一短であるのは覚えておかなければいけませんが。

 

でも貯金をしているだけでは、ここまで資産が大きく膨らむことはないので、いかに投資をしていないことがリスクなのか。

 

そして1日でも若いうちから投資を始めれば始めるほど、「複利の効果は大きくなって有利になる」ので、少しでも早いほうがいいです。

 

たとえば、先ほどの条件をそのままに、積み立て年数を30年から40年にしてみると、これだけ変わってきます。

 

 

合計で1500万円ほどになって、元金が480万円なのに対して、利息がなんと1046万円になります。

 

いかに年数が長ければ長いほど、複利の効果が有利に働くかわかっていただけたと思います。

 

ですので、投資は早ければ早いほどいいです。

 

投資信託の自動積み立ては、最初の初期設定で金額だけを決めておけば、あとはクレカで自動引落されるので、放置してても資産は増えていきます。

 

まとめ:「知っている」と「やっている」は天と地ほど違う

とにかく経験してみることが何よりも上達しますし、実際に資産形成のうえでも有利です。

 

怖がらず、めんどくさがらずにスタートしてみてほしいと思います。

 

そうやって踏み出した1歩が、確実に明るい未来を作りますので、ぜひとも勇気を出して進んでみてほしいなと思います。

 

ではまた!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© コツコツ投資のコツ , 2020 All Rights Reserved.