30代が月2万円積立で2000万円を目指せる安全な資産運用術

投資を疑い真面目に働くことを美徳とする国民が多い日本は有利

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

 

どうも天村です!

今回は、投資を疑い真面目に働くことを美徳とする国民が多い日本は有利というお話しをしていきます。

 

普段からこのブログを読んでいる読者の方にとっては、投資と言うのは身近な存在だと思いますが、それでもまだまだマイナーなのが投資です。

 

日本人のほとんど大半の方は、貯蓄こそがすべてであり、まじめにコツコツ働くことが最善の道だと信じて疑わない人が多いです。

 

自分の信じる道とか、信念を持って働いていらっしゃる方が多い中で、マイノリティな投資を実践すればすごく有利になります。

 

なぜそう言えるのかをお話ししていきましょう。

 

働くことが美徳の日本人の労働力を買う

 

コツコツ真面目に定年まで働いて、質素・倹約の生活を送り、貯蓄の切り崩しと年金で老後を細々と送る。

 

引退してからはお金の掛からない趣味のラインナップから、消去法でやることを選び、若い時にこうしておけば良かったなぁと後悔しながら病と闘い、息を引き取る。

 

すごく鮮明にイメージできるこの未来予想図は、なぜ鮮明に描くことができるのでしょうか?

 

答えはシンプルで大多数の人が経験してきた過去の模範事例だからです。

 

僕のブログでは30代の人が老後資金に苦労することがないように、今から投資をスタートさせて、コツコツ資産形成を積み上げていくように推奨しています。

 

そこに描く未来は、後悔がないものが理想なんですが、多くの人はコツコツと労働をした結果、「もっと挑戦しておけばよかった」とか、何かしらの後悔を持ちながら老後を迎えることになります。

 

「働くことが美徳」という考え方を否定しているわけではありません。

 

僕もこの仕事を自分で選んで、とても楽しく働いているので、働くこと自体は素晴らしいことですが、やりたくもない仕事をしているのなら話は別です。

 

それでも歯を食いしばって働いている人が、日本人の大半ですので、そんな中で投資に目を向けて、実際に投資で資産を築き上げていくことは、大多数を味方につけることができるわけです。

 

だって日本人の大半は働くことが美徳で、一生懸命働いてくれるわけですからね。

 

そうやって働いてくれたおかげで、会社の業績は保たれたり、アップしたりするわけです。

 

嫌な思いを押し殺しながら会社で働いて手に入れたお金。

 

そんなお金を使う先にも、会社の存在がありますよね。

 

外食するにしても、スーパーマーケットで食材を買うにしても、服や家、車や電車移動などなど、僕達がお金を使う対象となる存在のほとんどが「何かしらの会社」なわけです。

 

「会社の業績」のために働き、「違う会社の業績」のためにお金を使う。

 

そして潤うのは会社と株主。

 

これが資本主義なわけです。

 

社会がそんなシステムである以上、そのシステムをうまく使いこなす側にならないと、暗い老後しか待ってないのは言うまでもないですよね。

 

働くことが美徳の日本人の労働力。

 

それを買うことができる投資家の立場になれば、資産形成でも有利に働くことは、もうこれ以上の説明は不要ですよね。

 

マイノリティ投資家富裕層かマジョリティ労働者か

 

日本人は幼い時から教育によって、「前に習え」を植え付けられてきたわけで、そうなると「みんなと同じが安心」という心理的イメージが働きやすくなっています。

 

「会社員でなければいけない」という法律もルールもないのに、大多数の人が会社員だからという理由だけで、そこから抜け出すことができなかったり、抜け出した人を好奇の目で見たりするわけです。

 

自分の人生を生きているようで、じつは他人の人生を生きているという人も、いらっしゃるかもしれません。

 

労働者というマジョリティにいる以上、30年後の老後に2000万貯めることは、現状の日本ではかなり厳しいです。

 

独身で親から譲り受けた持ち家を持っていて、バリバリ働いている人であれば十分可能だと思います。

 

ですが、結婚して子供が1人いて、家はローンで戸建てを郊外に建てたという人は、それ相応に切り詰めないと生活できないのが現実でしょう。

 

僕は人生お金がすべてだとは思っていませんし、それぞれに価値基準があって、それを満たしている人生であれば幸せで尊いと思います。

 

ですが、このブログは老後に2000万を貯めるという目標のもとに情報を発信しているので、お金をないがしろにするわけにはいきません。

 

資産を構築していこうと考えているなら、まだまだ疑いの目を向ける人が多い「投資」を積極的にやっていく必要があります。

 

つまり「前に習わない」マジョリティな存在になる必要があるわけです。

 

株式投資や投資信託という昔からある有名な投資なんて当たり前で、仮想通貨やループイフダン、トラリピなどのあまり有名ではない投資などにも積極的に参加していくことで、さらに有利な道が開けてきます。

 

大半の人が眉をひそめるようなことをするからこそ、少数の人しか得ることができないリターンを得られるわけです。

 

当然ですが、失敗することもありますが、致命傷にならないようにうまく運用していけば、その失敗は経験として財産になります。

 

マイノリティ投資家で老後2000万なんてソッコーで貯めて富裕層になるのか、それともマジョリティ労働者のままで甘んじるのか。

 

選ぶのは自分です。

 

自分の人生にしたいのか、それとも他人の人生にしたいのか。

 

新年という何かを始めるにはうってつけのこの時期に、今後の人生の身の振り方を真剣に考え、行動していくきっかけになれば嬉しいです。

 

ではまた!

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© コツコツ投資のコツ , 2021 All Rights Reserved.