30代が月2万円積立で2000万円を目指せる安全な資産運用術

【株式投資】日経平均株価ってよく聞くけどちゃんと説明できますか?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

 

どうも天村です!

今回は株式投資の初心者の方に向けて、日経平均株価について勉強していきましょう。

 

よくニュースで日経平均が高値を記録しましたとか、日経平均が大幅に下落しましたみたいなことを聞くと思うんですけど、じゃあ日経平均って何なのって思いますよね。

 

そこで今回は日経平均株価とは何なのかについてお話していきます。

 

日経平均株価とは

 

日経平均株価とは、日本経済新聞社が、東証一部の銘柄の中から日本を代表する225銘柄を選んで算出している平均株価のことをいいます。

 

だから言ってしまったら日経新聞っていう、いち民間企業が作ってる数値でしかないんです。

 

ただしめちゃくちゃ信頼されてる数値なのは確かです。

 

日経225という言葉を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、あれも日経平均株価のことを言ってる言葉なんです。

 

日本の株の動きがどうなったかというのは、日経平均を見ればわかると言われているほど、信頼性が高い数字になっています。

 

日経平均が上がってたら、株価は全体的に上がっていて、反対に日経平均が下がってたら全体的に他の株も下がっている傾向にあるという見方をされます。

 

銘柄の選定

この225銘柄に関しては年に1回、日経新聞が見直しをおこなって選出されていきます。

 

ちなみに東証一部には約2000銘柄ぐらいが存在しているので、その中の約1割にあたるのが日経平均の銘柄ということになります。

 

銘柄の入れ替えがあるのは、日本経済の動向などが反映されたりしているので、成長している業界とかの株も取り入れられたりします。

 

たとえば2015年にはDeNAが入ったり、2016年には楽天が入ったりしています。

 

世界的に見ても日本の企業は息が長いというふうに言われていますが、日経平均が始まった1950年から連続して算出銘柄に選ばれ続けている企業は、92銘柄もあります。

 

さすがに225銘柄をすべて紹介すると大変なのでしませんが、銘柄を確認することはできます。

 

日経平均以外の指数

日経平均とよく似た数値にTOPIXというのがあって、これは東証一部の全銘柄の株価を指数化したものになります。

 

その他にも東京証券取引所ジャスダックに上場する全銘柄を対象にした「日経ジャスダック平均」や、東証マザーズに上場している全ての銘柄を対象とした株価指数である「東証マザーズ指数」などの数字もあります。

 

日経平均のチャート

では最後に現在の日経平均がどうなっているのかを見てみましょう。

 

この記事を公開した2021年1月19日現在、日経平均は28,633円46銭になっています。

 

 

こちらは過去1年間のチャートですが、いかに激動の1年だったかが分かるぐらい、下がって上がってと揺れ動いた1年でした。

 

今は好調な日経平均ですが、いつまた暴落するかわかりません。

 

株をやったことがないという方も、最近はじめた初心者の方も、相場の世界全体の指数として、これから注目してみてほしいと思います。

 

ではまた!

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© コツコツ投資のコツ , 2021 All Rights Reserved.