30代が月2万円積立で2000万円を目指せる安全な資産運用術

まずは少額投資から!資産形成は土と木と果実の関係で言い表せる

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

 

どうも天村です!

今回は、まずは少額投資から!資産形成は土と木と果実の関係で言い表せるというお話しをします。

 

資産形成において「この考え方を覚えておいたほうがいい」という考え方をお伝えしますので、ぜひインストールしていただければと思います。

 

土と木と果実

ビジネスや投資において、大事な考え方で土と木と果実の関係というのがあります。

 

土=内面の見えない部分(心)

木=外面の見える部分(行動)

果実=行動の成果物(結果)

 

土=内面の見えない部分(心)

 

内面の見えない部分である「土」は、思考力やスキルなどの心やメンタルにあたります。

 

ここが鍛えられていないということは、栄養分の少ない枯れた土地で木を育てることと同じ。

 

なかなか木は育ちませんので、まずは肥料をあげて土地の栄養分をアップさせることが先決です。

 

ビジネスや投資でも同じ。

 

思考力や考え方、メンタルやマインドを鍛えるということは、すべての土台をアップすることになるので、とても重要です。

 

ここのベースアップをしない限り、いつまで経っても人生は豊かになりません。

 

ここを鍛えるには、具体的に稼ぐためのノウハウを学ぶのではなく、もっと本質を教えてくれる教材やノウハウ、コンテンツでなくてはいけません。

 

そういったコンテンツは抽象度が高くて、一見すると「これがお金稼ぎに直結するのか?」と疑いたくなるような印象を受けますが、真理や本質を理解しておかないと、短期で稼げても長期的にずっと稼ぎ続けることはできません。

 

ですので、スグには結果は出ませんが、人生トータルで見たときに「ビジネスや投資などの資産形成における本質」を教えてくれる教材やコンテンツを、普段から学んでおくことはとても重要です。

 

木=外面の見える部分(行動)

 

外面の見える部分である「木」は、行動することによって構築される自作メディアや各種SNS、それに投資であれば具体的な金融商品がそれにあたります。

 

ブログなどのオウンドメディアやYouTubeチャンネル、ツイッターやインスタグラムのアカウントなどの、実際に目で見えるものや、具体的に実践したことで手に入るものになります。

 

ここは木と同じように幹(1本の大きな柱)があって、そこから枝葉が分かれて細分化されていくのと同じように、何か1つでいいのでメインになる主軸を構築していきましょう。

 

ビジネスであれば、メインの情報発信プラットフォームを作ることですし、これが投資であれば投資信託をメインにするなどの揺らぐことのない柱です。

 

まったく幹が育っていない状態なのに、2本も3本も構築しようとする人がいるのですが、まずはメインを1つに絞って、そこをがっつり太くしてから、違うプラットフォームに挑戦していくのがいいです。

 

投資も同じで、株も投資信託も債権も仮想通貨もFXも、みたいに手当たり次第に手を出すのは、「すべて総崩れ」する危険性があるので、ローリスクローリターンのものをベースの柱にしてから、2本目、3本目と増やしていきましょう。

 

ここでは、具体的な行動を指示してくれるノウハウが多くて、ちまたで販売されている大半のノウハウや教材、デジタルコンテンツはこれにあたります。

 

ただし注意しておきたいのは、具体的であればあるほど、そのノウハウで稼げる期間は短いということを理解しておいてください。

 

 

  • 3ヶ月でYouTubeの収益化をクリアする教材
  • インスタグラムアフィリエイトで月100万稼ぐためのセミナー
  • 1日5分の簡単作業でツイッターのフォロワーを1万人にするノウハウ

 

 

このようなノウハウは、稼ぐための道筋が明確ですが、具体的であるが故に稼ぎ続けていける期間は短いということです。

 

なぜなら再現性が高ければ高いほど、そのノウハウは飽和するからです。

 

ようはライバルが増えてしまって、すぐに稼げなくなって廃れていくということです。

 

そうならないためにも、目に見えない「土」の部分を鍛えておくということが長期的に見て大事です。

 

そこもしっかりとやった上で、短期的な稼ぐ系ノウハウを実践することで、稼ぎのスピードが2倍、3倍になります。

 

ですので短期的な稼ぐ系ノウハウがまったくダメ!ということではなく、あくまでもその特性を理解した上で、上手に活用していくのがベストになってきます。

 

果実=行動の成果物(結果)

 

栄養たっぷりの土があって、そして幹がしっかりとして枝葉末節までしっかり栄養が行き届いた樹木ができて、はじめてそこに成果物である「果実」が実ります。

 

この成果物は、ダイレクトにお金かもしれませんし、目には見えませんが信頼かもしれませんし、もしくは仲間というかけがえのない存在かもしれません。

 

どういった成果物が手に入るかは、果物の木がそれぞれ違うのと同じく、どんな樹木を育ててきたかによります。

 

ガッツリお金を稼ぐための樹木を育ててきたなら、成果物もお金になりますし、信頼構築のための樹木なら信頼がリターンとして返ってきます。

 

どんな木を育てたかによって、成果物は違うのですが、くれぐれも忘れないでほしいのは、「土」→「木」→「果実」の順番になるということです。

 

心がすさんでいる人の土地からは、力ない木が育ち、そして見た目も悪く食べてもマズイ果実ができるだけです。

 

お金という果実を手に入れたいなら、心やメンタル・マインドなどの目に見えない部分を強化しなければいけません。

 

ですが多くの人は、そこが盲目になっていて、目に見える部分しか見ようとしません。

 

つまり短期的に稼げるノウハウにばかり注意を引き付けられて、そこばっかりを追いかけてしまって、気がつけば「会社でもラットレース・副業でもラットレース」で永遠にぐるぐるその場で回り続けるハメになります。

 

しっかりとした果実が欲しければ、まずは肥沃な大地を作る。

 

土をないがしろにすると、一生この「走り続ける終わりなき旅」を抜け出すことはできません。

 

果実は循環させるべき

素晴らしい土地を手に入れて、そこに立派な樹木も立ち、そしていよいよ果実が実りました。

 

そうなったとしても油断は禁物です。

 

できた果実をすべて刈り取って自分の胃袋の中に入れてしまうと、せっかくできた肥沃な土地は、いずれやせ細っていくということを理解しなければいけません。

 

ようは樹木を育てるために、そして立派な果実を作るために吸い上げられた栄養分がなくなってしまったので、また新しい果実を実らせるために、土にも栄養を与えてあげなくてはいけません。

 

できた果実がお金なのだったら、そのお金を自分の満足のために散財してしまったら、結局は果実をすべて自分で食べてしまうことと変わりはありません。

 

そうではなくて循環が大事です。

 

出来た果実を刈り取らずにそのままにしておけば、ポトンと地面に落ちます。

 

 

落ちた果実は、それがやがて腐り、天然の肥料となって土に還ります。

 

そうやってさらにその土地の栄養分はアップしていって、次に実らせる果実はさらに多く、そして糖度も高い素晴らしいものになっていきます。

 

ビジネスや投資もそれと同じで、できた成果物をすべて自分で消費してしまえば、そこで終了。

 

土地が良くなることはありませんので、土地をさらに良くしていくための知識や教材・コンテンツやセミナー、または貴重な体験などにお金を投じるべきです。

 

そのサイクルを何度も繰り返していけば、資産はおのずと増えていきます。

 

まとめ:いきなり大きな木は育たない!まずは少額から

 

多くの人は「一撃」で大きな木を立てようとし過ぎです。

 

焦りすぎなんですよね。

 

もちろん誰だって結果は早く欲しいものです。

 

でもその焦りは詐欺師にとっては格好のエサですので、マジで焦りは禁物です。

 

そして一撃で大きな木は育ちません。

 

物事の原理・原則としてあり得ませんので、そこはいくら「魔法がありそうなネットビジネスの世界」でも、あり得ないので、お気をつけください。

 

ビジネスはコツコツ積み上げていくしか道はなし、投資は少額投資から始めていくのが、最短の近道です。

 

焦りは禁物!

 

一緒にコツコツ頑張っていきましょう。

 

ではまた!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© コツコツ投資のコツ , 2020 All Rights Reserved.