30代が月2万円積立で2000万円を目指せる安全な資産運用術

初心者向け株式投資の始め方③~株主の利益はお得だらけ(配当金・内部留保・株主優待)~

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

どうも天村(あまむら)です。

今回は、初心者向け株式投資の始め方「配当金・内部留保・株主優待」についてお話をしていきます。

 

株式投資をしたことがない、まったくの初心者の方に向けた記事で、3回目になっています。

1回目」と「2回目」の記事もあわせてご覧いただければ、より理解が深くなるかと思います。

 

初心者向け株式投資の始め方① ~資産運用・資産形成の超基礎知識~

初心者向け株式投資の始め方②~株を買う方法と注意点(板取引・指値注文・成行注文)~

 

以前の記事で、株式投資をするうえで稼ぎの方法は2つあるというお話をしました。

1つ目が配当金(インカムゲイン)で、2つ目が株価の差額で売り買いすること(キャピタルゲイン)による利益です。

 

で、今回は配当金について詳しく解説していきます。

株式投資のメインの稼ぎになっていきますので、しっかりとこの基本部分を一緒に理解していきましょう。

 

さらにそれに付随して、内部留保と、株式投資をするうえでの3つ目の稼ぎの方法と言ってもいい「株主優待」についても、合わせて解説していきます。

 

配当金と内部留保の関係

今回ぜひ覚えておいて欲しいことをまずはお伝えします。

それは何かというと、会社が事業をおこなって出た利益は、すべて株主のものってことです。

 

実際に働いている社員や、統率している社長のものではありません。

じゃあ社員や社長の給料は何なの?って話になると思うんですけど、あれは利益ではなくて経費に含まれます。

 

 

会社の収入がありますよね、売上って言ったほうがわかりやすいかもしれません。

その会社の売上を上げるために設備を買ったり、材料を買ったり、会社を運営するための経費があります。

その経費の一部に社長や社員の給料が含まれるということです。

 

そして売上から経費と税金を引いて残ったものが利益になります。

 

この利益は株を購入して会社の活動資金を援助した投資家である株主のもの、ということなんです。

 

じゃあイラスト図の青い部分の利益が、すべて配当金として株主たちに分配されるのかいうと、一般的にそうなることはほとんどありません。

 

一部が配当金として株主たちに配られて、残りのだいたい7~9割は翌年以降さらに利益を稼ぐための事業資金にまわされます。

 

将来的にもっと大きく稼いでもらうためのお金にして、事業拡大のために使われます。

このお金のことを内部留保といいます。

 

つまり内部留保とは、配当されずに会社内に蓄えられた利益で、株主から預かっているお金ということになります。

 

僕は内部留保って言葉は聞いたことがあったんですが、会社の貯金みたいなものだろうって思ってました。

厳密には、これは会社のお金じゃなくて株主のお金ということです。

 

ですので、もし会社が倒産することになったら、株主に返還されることになります。

 

で、おもしろいのがここからで、この内部留保が多いほど企業は将来的に見て、事業を大きくしていく可能性が広がっていきます。

なので内部留保が多くなれば、株価が上昇していく可能性もあるってことで、株価上昇の要因になるってことです。

 

だから結局、「利益はぜんぶ株主のもの」ってことです。

 

株主にとっては恩恵を2つ受けることができるんですよね。

1つ目は利益の一部が直接分配される「配当金(インカムゲイン)」として手にすることができるということです。

そしてもう1つは、内部留保によって株価が上昇することで儲けること(キャピタルゲイン)ができるという恩恵です。

 

株主優待とは

 

株式投資の大きな稼ぎ方の2つを見てきましたが、インカムゲインとキャピタルゲイン以外にも株主には恩恵を受けることができます。

それが株主優待です。

 

株式銘柄には優待銘柄と優待がない銘柄というのがあります。

じつは上場企業の中では株主優待を実施している企業のほうが少ないんです。

それでもなんと1,000社以上が株主優待を実施してくれています。

 

株主優待というのは、企業からのプレゼントだと思うのがいいです。

いろいろな種類の優待があります。

企業によって実施している内容というのも違っていて、メインは自社の商品や自社サービスで使える割引券などを配布してくれます。

 

中でも一番人気なのは食に関する優待です。

食品メーカーとか外食産業の株で、優待を実施しているところは人気となっています。

自社製品の詰め合わせが送られてきたり、外食店で使うことができる優待券をもらうことができます。

 

もうひとつ人気の優待がクオカードです。

クオカードは全国で利用できるお店が多いので、使い勝手がいいから優待銘柄としては定番になっています。

クオカード欲しさに優待銘柄を購入する人もいるぐらいなんで、自社商品で魅力的なものがないと感じたら、とりあえずクオカード優待を実施している会社の株を買うのもありだと思います。

 

ただしデメリットもあります。

それは何かというと、クオカードの優待は取りやめになる確率が高いということです。

自社商品の優待をプレゼントしている会社に比べて、クオカードはその会社にとって思い入れがあるものではないので、打ち切りになりやすい。

 

なので業績が悪化した会社などで、ちょっとクオカードの優待やめます!って言いやすいってことですね。

だからそういう面のデメリットもあるので、購入するときには優待をどれぐらいの年月実施しているか?

どれだけの歴史があるのかを確認しておくのも大事です。

 

長い期間、優待を実施し続けてるから、そうそう簡単に優待がなくなることはなさそうだなとか、事前に情報を見ておきましょう。

 

自社商品やクオカードのほかには、お米券を優待している会社もあります。

そのほかにも映画招待券や、化粧品メーカーなどは結構な金額分の化粧品をもらえたり、スーパーマーケットの優待などもあって、生活の中でありがたい優待も多いです。

 

どんな優待があるのかを探して購入するのは、株を買う楽しさのひとつですよね。

 

株主優待の権利確定日とは

株主優待をもらうには、じつはある条件をクリアしなきゃいけません。

企業によって条件は違うんですけど、すべての会社に共通している条件に権利確定日というのがあります。

 

ようは権利確定日として設定された日に株主であることが条件になっているということです。

 

なので、権利確定日や権利確定月などの設定をまずは確認しておいて、その日に株を保有しておきましょう。

 

権利確定日に株主として登録されておかなければいけないので、権利確定日のギリギリで株を買ってもダメです。

ある程度余裕を持たせて保有する必要があって、最低でも権利確定日の3営業日前までに株を買って持っておく必要があります。

 

株主名簿が書き換えられるのに時間がかかるので、なるべく早めに購入しておきましょう。

 

さらに企業によって優待を受けることができる保有株数などが違ってくるので、それぞれの会社の条件を確認してから、株を買うようにしましょう。

 

株を売買した差額で稼ぐだけではなく、配当金や株主優待でも利益を稼いでいって、これからどんどん資産を大きくしていきましょう!

ではまた!

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© コツコツ投資のコツ , 2020 All Rights Reserved.