30代が月2万円積立で2000万円を目指せる安全な資産運用術

「何に投資すればよいか分からない」という人は何に投資しても失敗する

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

 

どうも天村です!

今回は、「何に投資すればよいか分からない」という人は何に投資しても失敗するというお話しをします。

 

耳の痛い話になるかもしれませんが、これから投資をスタートさせたいと思っている人で、一人でも多くの人が間違った方向に進まないように注意喚起をしたいという思いがあるので、この記事を書きます。

 

投資において大事なことをお伝えしますので、厳しい現実もいくつかあるかと思いますが、教養のためにもぜひ最後までご覧いただければと思います。

 

「何に投資すれば…」の裏側にある本音

 

さっそく厳しい一言を。

 

「何に投資すればよいか分からない」という気持ちの裏側にある本音を紐解きたいと思います。

 

きっとこう考えてるんだと思います。

 

「何に投資すればよいか分からない」

「失敗したくない」

「(自分で選んで)失敗したくない」

「誰かのおすすめなら、失敗しても傷付かずに済む」

「だから何に投資すればいいか教えて」

 

おそらく大半の人はこう考えているはずです。

 

それは意識してそう思っているというより、無意識的にそういう思いが内包している可能性が高いかと。

 

で、その状態であるなら、投資しても厳しい未来が待っているだけなので、コツコツ貯蓄し続けるほうが「身のため」です。

 

投資は、判断の連続。

 

しかも、そのすべての判断は自分がやっていかないとダメなわけです。

 

やる前から「どうしていいかわからない状態」を、自分の力で打破できないようなメンタルでは、たとえ誰かのすすめで投資をスタートさせたとしても、厳しい未来が待っています。

 

ようは「うわっ!株価が下がってるよ!売ったほうがいいのかな?」とか。

 

「これから株価が上がるって言われているけど、今は買い時なの?」

 

みたいな感じで、つねに周りの情報や意見に右往左往しなければいけなくなるわけです。

 

そして、結果が得する方向に進めば「ラッキー」で終了ですし、悪い方向に進めば「他人のせい」に。

 

最終的には「投資なんて損するだけ」とか、悪い情報を声高に叫ぶ人だって、中にはいます。

 

ですので、「何に投資すればいいかわからない」という理由で、投資に二の足を踏んでいる方は、投資なんてやらない方が身のためですよ、と言わせていただきます。

 

その心持では、たとえどんな金融商品に投資をしたとしても失敗しますので。

 

大事なことは自己判断力の養成

 

僕が一番おすすめしている投資信託だって、「絶対に損しない」なんて保証はありません。

 

判断を誤れば損しますし、そこに100%確約された未来なんてないわけです。

 

「投資は自己責任」という言葉をよく耳にすると思いますが、あれはまさに真理を言い表した言葉。

 

最終的な判断は、誰でもなく、自分でするしかない。

 

だから重要なのは、「何に投資するか?」ではなく、「何に投資するかを決断できる判断力を養う」ことなんです。

 

ブレない自分軸があれば、失敗が失敗ではなくなります。

 

「リフレーミング」という心理学におけるテクニックのひとつなんですが、すべては自分のとらえ方1つ。

 

起こった事象に対して、「どう思うか」、「どう思えるか」です。

 

「投資で損をした」という事象を「最悪」と捉えたらネガティブな出来事として決着して、終了。

 

もしも「良い経験ができた!次はこの経験を活かすぞ」と捉えることができれば、ポジティブな形で次につながり、継続。

 

起こった事象は同じでも、捉え方1つで、こうも変わってくるわけです。

 

ですので、極論言ってしまえば、リフレーミングの達人になれば、その人の中では、この世から失敗はなくなります。

 

だから投資なんてイージーゲームになって、どんどん自己判断していって先に進みます。

 

だからといって、慎重になることなくイケイケな感じで投資をするという意味ではありません。

 

しっかりと判断した結果、投資をするかしないかの線引きが、本人の中で明確にあるということです。

 

ようはまったくブレることのない自分軸があるわけです。

 

ビジネスも投資も成功するのは「バカ」か「超天才」のみ

 

バカになれるかどうかで、投資もビジネスも結果が左右してきます。

 

もしくは落合陽一さんのように「超絶な天才」であるかのどちらかです。

 

バカか超天才しか、成功はできません。

 

で、ほとんど多くの日本人は、変に利口な人が多くて、バカは少数派、超天才は希少種レベル。

 

堀江貴文さんが、この現象について絶妙な表現をしています。

 

「小利口」と。

 

小利口な人は、

「石橋を叩いて渡る」

「石橋を叩いて・叩いて・周りのみんなと一緒に渡る」

「石橋を叩いて・叩いて・叩いた結果、渡らない」

 

このように、とにかく石橋が目の前に現れる度に、ワンクッション「思考」が挟まります。

 

正直、最終的に渡るか渡らないかなんて、どうだってよくて、大事なのはタイミング。

 

ワンクッション「思考」を入れてる間に、超高速で石橋を渡っていく「バカ」と「超天才」に先を越されて、不利な状況になるだけなんです。

 

先行者利益というのは本当にあるので、タイミングが遅れることは命取り。

 

だったら渡らない選択肢を取るほうが良かったりします。

 

「何に投資すればいいかわからない」と言って、石橋を叩いている間に、どんどん置いてけぼりになります。

 

そうやってタイミングを逸しているなら、いっそ投資なんてせずに貯蓄しておくほうが、新たな世界を中途半端に見ることがないので、幸せなのでは?と思います。

 

それぐらいに「何に投資すればいいかわかりません」という言葉は危険ですし、無能を他人にさらけ出す言葉なので、言わないほうがいいです。

 

それにもし、その思考を抱いているのであれば、それを改善するか。

 

改善す気がないなら、いっそ投資なんて始めないほうがいいですよ、と言わせていただきます。

 

その方が、「知らぬが仏」です。

 

知らないことによる幸せも、僕はあると思いますので。

 

今回は、かなり厳しい内容になったと思いますが、「変に期待をさせる」よりも「現実はそんな甘くない」こともお伝えしたかったからです。

 

僕はこのブログを見ていただいてる方が、いざ投資を始めてみて、「あーあ、やるんじゃなかった」と思ってもらいたくないわけです。

 

ですので、「他人に意見を求めて、自分で判断できない状態なら、やらないほうがいいですよ」とお答えさせていただきます。

 

ではまた!

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© コツコツ投資のコツ , 2021 All Rights Reserved.