30代が月2万円積立で2000万円を目指せる安全な資産運用術

3年間保有してきた投資信託「世界経済インデックスファンド」を売却しました!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

どうも天村です!

今日は、3年間保有してきた投資信託『世界経済インデックスファンド』を売却しましたので、ご報告いたします。

 

2017年10月に僕は横山光昭さんが書かれた『はじめての人のための3000円投資生活』を読んで、投資信託を初めて購入して、人生ではじめて投資というものをスタートさせました。

その書籍の中で横山さんがおすすめされていた銘柄の1つが『世界経済インデックスファンド』でして、僕は愚直にそれを購入してきたわけなんですが、この度その投資信託を全部売却しました。

  • なぜ売ったのか?
  • 売ることでどうなったのか?
  • そして今後どうしたいのか?

今日はそのことについてお話していきます。

 

なぜ『世界経済インデックスファンド』を売却したのか

まずは、なぜ初めての投資で購入した思い出の銘柄『世界経済インデックスファンド』を売却したのか、という理由をお話します。

 

本来なら投資信託というのは「長期間保有すればするほど得になる」という特徴があります。

期間が長くなればなるほど、複利の効果が働くからなんですが、それでも僕は売却しました。

 

もちろん、最後の最後まで悩んだのがこの「長期間保有すればするほど得になる」という紛れまない真実の部分。

 

「短期で売却を繰り返す投資家が、結局最終的に一番稼げていない」というデータも出ているので、「本当にここで売却していいのか?」という葛藤は、売却ギリギリまでありました。

 

それでも売却したわけです。

理由は以下の3つ。

  1. バランスファンドでもリスクは受けた(コロナショック)
  2. 信託報酬のさらなる安さを求めて
  3. 結局は自分で納得して購入した投資信託じゃないから

 

 

バランスファンドでもリスクは受けた(コロナショック)

今年のコロナショックを受けて、バランスファンドといえどもしっかりとダメージは受けてました。

 

もちろんダメージで資産が下がる金額に関しては、株式のみのインデックスファンドよりも抑えることができたのかもしれませんが、まったくの「0」だったわけではありません。

 

だったら、「バランスファンドじゃなきゃダメな理由はないな」と思ったんです。

 

株式のみのファンドに比べてバランスファンドは信託報酬が割高なので、だったら理由の2つ目にも書いたように「安い信託報酬のファンド」に乗り換えようと決めました。

 

信託報酬のさらなる安さを求めて

信託報酬の安さを求めたんですが、それでも『世界経済インデックスファンド』は信託報酬が「0.55%」と優秀な部類に入ります。

 

ただし鞍替えして購入した商品(あとで銘柄を公開します)は、信託報酬が「0.0968%」という安さです。

バランスファンドではないという理由だけでこれぐらいの違いがあるので、信託報酬の安さというのが、鞍替えの最大の決め手になりました。

 

結局は自分で納得して購入した投資信託じゃないから

3つ目の理由も僕の中では大きかったですね。

 

もちろん、投資をまったくやったことがなかった3年前の僕は、言われるがまま横山さんがおすすめされていた『世界経済インデックスファンド』を買ったわけです。

 

そこに関して、後悔はいっさいしていませんし、横山さんに対しては、投資の世界に足を踏み入れるきっかけを与えていただいた「感謝」の気持ちしかありません。

 

でも、実際にはじめてみてから色々と経験して、そして最近では信じられないぐらいに知識を吸収していった結果、僕の心の中で「ある気持ち」が芽生えました。

 

それがこの3つ目の理由である「結局は自分で納得して購入した投資信託じゃないから」ということです。

そして今回、「向こう10年はこれで行く!」という商品を選定しました。

 

『世界経済インデックスファンド』の売買益は?

 

今回の全売却によって、どれだけの利益が出たのかを公開します。

下の『eMAXIS バランス(8資産均等型)』は無視してください(笑)

 

まず全数売却した金額が「563,054円」

そして平均取得価額が「509,866円」

つまり結果は「+53,188円(+10.4%)」

 

合計金額は50万円と少ないですが、それでもリターンの「10%」は、いい感じなのかなと思います。

 

投資信託の平均利回り(リターン)が「3%~5%」ぐらいと言われているので、まずまずですね。

 

今後は最低でも10年先を見据えて

 

『世界経済インデックスファンド』を売却して約60万円のキャッシュができました。

ただそれを貯蓄しておくだけというのは面白くありません。

 

何より貯蓄は貯蓄でしっかりと分けて資産形成しているので、投資信託を売却して、それを貯蓄にまわして貯金を増やしても仕方ない。

 

ですので、僕はその60万円を全額違う投資信託の購入にあてました。

 

 

僕が購入したのは2つの投資信託の銘柄です。

『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』

『スパークス・新・国際優良日本株ファンド(厳選投資)』

それぞれ30万円ずつ購入しました。

 

そして当面は最低でも毎月3万円ずつ積立投資をしていこうと思います。

さらにこの2銘柄に関しては、向こう10年は売らない!と決めました。

(心変わりしないように祈っててください笑)

 

この2つの銘柄を決めた理由については、またポートフォリオを紹介するときの報告レポートでお話します。

 

とりあえず、まだ約定していないので価格がいくらになるかは今のところ未定。

ただし受渡日がともに2020年10月30日なので、アメリカ大統領選挙(11月3日)に間に合いそうで何よりです(笑)

 

正直、今回の大統領選挙はコロナの影響で郵便投票を実施するなど、「波乱の展開になること間違いなし!」なので、選挙前には何とか購入完了しておきたかったんですよね。

 

あっ、当然ですけど、普通に賢い投資家であれば、選挙の様子を見てからの投資行動を取るのがベストだと思っているんですが、僕は情報発信者として、ブログ・YouTube・ラジオをやっているので「普通のこと」しても仕方ないわけです(笑)

 

「おもろい状況」には、身を持って飛び込んでいくべきで、「大統領選挙で株価が荒れる」という情報が出ていて、証券会社まで「重要なお知らせ」で警告してくるレベル。

「これは経験しないとダメでしょ!?」ってことで、僕は暴風雨になるであろう米国株のインデックスファンドを購入しました(笑)

 

もちろん、リアルタイムでこのブログでご報告していきますので、お楽しみに!

ではまた!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:少額投資家YouTuber】 投資を通じて、将来のお金の不安をなくしたい! 投資はそれぐらい力のある行動です。 ただ単純にお金稼ぎをするだけではなく、 『自分の力で生きていくスキルを獲得する』 そんな理想の未来を手に入れるお手伝いをしていきます! ちなみに「YouTubeチャンネル」と「ラジオ番組」も運営しています(笑)
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© コツコツ投資のコツ , 2020 All Rights Reserved.